skip to Main Content

【2024年2月より休業】土岐市・肥田川堤防沿いにある和食「若竹」さんの織部ランチを堪能してきました。営業再開は未定。一時的な休業なのか、あるいは永遠に・・・。

2024年2月より休業。

っという情報を聞き、慌てて電話予約するも休業日まで全日すでに予約満員。

なんとしても、もう一度食べたいと昼時を少しずらした13時過ぎにて、予約をお願いしました。

普段から平日ランチは車が停められないほど満車、満席の若竹さん。

雪が降りしきる本日も、変わらず満席御礼。

「2月からしばらくの間、休業させて頂きます。」

お店の方にいつまでの休業かお尋ねしましたが、まだ予定が決まっていないとの様子。

一時的な休業なのか、あるいは永遠に・・・。

食事を済ませて帰られるお客さん、全員がまたの営業再開が楽しみだと感謝を伝えお店を後にしていきました。

ほぼ100%のお客さんがオーダーするのは松花堂ランチ。

筆者もこれまで松花堂ばかりであったが、実はずっと前から気になっていて、いつかは食べたいと思って居たのが「織部」ランチ。

織部は要予約。

遅めの昼の時間帯で、かつ予約数は一人にも関わらず、「織部」の予約を快く受けてくださいました。

まずは八寸。

黒豆、あん肝、海老の旨煮、数の子、鰻巻玉子、寿司と雅な6品。

どの料理も手が込んでいて栄養バランスも最高。

続いて、天ぷら。

海老、かぶら餅、ふきのとうともう一品。抹茶塩でいただきます。

ぐつぐつと煮立った状態でいただく、みそ豚、鉄板焼き。

この時点で、結構お腹も膨れてきたなぁっと思ったら、

さらに雅な花かご膳。

お刺身、ブリ照り、つくだ煮、茶碗蒸しなどなど。

このテリ!シズル感が溜まりません。

〆のご飯セットには、稲庭うどん付!

さすがにお腹いっぱい!

そして、食後のコーヒーとデザート。

スイーツ店で出されても謙遜しない、いやそれ以上かも?な、ストロベリー&バナナ、マンゴーショコラクリーム。

言うまでも無く、どの料理も贅があり、見た目も味わいも最高。

「いつか食べたい」と思って居た織部ランチが、まさか休業前最後の来店になるとは思ってもいませんでしたが、結果的にこれをいただけたことに感謝。

 

そして、営業再開を願うばかり。

ごちそうさまでした。

 

 

以下、過去記事。

 

松花堂ランチ¥1200円+税。

土岐市肥田町の分かりにくい場所(←言い方)に、リーズナブルで美味しい松花堂ランチの和食店がある。名は若竹(わかたけ)さん。

これまで何度も投稿してきた若竹さんの松花堂ランチ。

お値段はズバリ¥1200+税。

平日限定で提供されるランチメニューです。

今日の献立はこんなかんじ。

まず、八寸のお皿・・・長えぇ~~(笑)

あまりに長いのでiPhoneのパノラマで撮っちゃったよ!

土岐市は月曜定休のお店が多いこともあり、ここぞとばかりに肥田町の和食「若竹」さんの松花堂ランチを食べに向かいましたが、毎度高いクオリティにブレがないッスね。

っと初っ端から驚かされ、お刺身、牡蠣グラタン、揚げ物、白飯&豚汁。

季節によって料理や盛り付けの演出が違うので、ホント毎月通っても面白い、美味しいお店。

フキノトウなどの春食材も用いており、見て楽しい、食べて美味しい、そして健康の三拍子。

ふっくらもっちりの白飯は、お代わり無料。

赤だしではなく、豚汁でした。ボリューム満点。

して、食後のデザートとドリンクもセットと来たもんだから、これで¥1200円+税はお得です。

 

ちょっと場所が分かりにくい

場所は、肥田町浅野の信号から瑞浪方面へ100mほど進み、反対車線となる川沿いの道を進むと左手側にあります。

奥まった場所なので、地元の人でも少し迷うかも??

店内は、テーブル席とお座敷席があり、素敵なガーデニングがされてます。

 

桜並木の隠れスポット。

もう一か月もすれば、この川沿いの道は桜並木に移り変わります。

毎年3月下旬~4月上旬になると、ソメイヨシノかな?が綺麗に咲きますので、(忙しくない時間帯に行って)食後に車を停めさせて頂いては、お花見散策をさせて貰ったりもいいですね。

優しく吹き抜ける春風に舞散る花びら。
ぼぉ~っと眺めているだけで、
何かがはじまりそうな”春の予感”を感じます。

 

 

松花堂ランチは平日限定。

特に予約が要りそうにありませんが、予約をすれば松花堂よりもワンランク上の「織部ランチ¥2800円税込)がオーダーできますよ。

織部ランチは、筆者もまだオーダーしたことがないので「我こそは」とオーダーして頂き教えてください。

 

 

以下過去記事。

4/14、うな重もランチでいただきましたので記事を追記しました。さすがに4月中旬ともなると葉桜の状態でした。桜並木の写真は4月上旬の様子です。

 

 

土岐市・肥田川堤防沿いの桜も見ごろです

あまり知られていない桜並木スポットなのですが、肥田町「浅野」の信号を瑞浪方面へ進み橋を渡ったすぐ左の肥田川沿いの道路の桜も個人的にはお気に入り。

下記の1、2ルートは桜並木がすごくきれいです。ぜひ歩いて散策していただきたい。

 

距離として長くはありませんが、曲がった先から和食店「若竹」さんあたりまで桜並木が続いています。

優しく吹き抜ける風に舞散る花びらを、ただぼぉ~っと眺めているだけで、何かがはじまりそうな”春の予感”を感じます。

また、肥田川堤防沿いにはちょっとした河川敷スペースもありますので、桜を愛でながらお散歩にもいいですね。

 

 

花もいいけど、団子もいい!

”花より団子”っという訳でもありませんが、ここでおススメのご飯屋さんと言えば、その並木道沿いにある和食「若竹」さん。

桜並木から民家に交じって一本入った場所にあることから、パっと見つけられないかもしれませんが、ここの松花堂ランチは絶対おすすめです。

うなぎも気になるなぁ。。。

松花堂はこんなにいっぱいの料理がついて、1320円!税込!

下の松花堂献立は、その後(4中旬)に伺った際のもの。前回訪問時から細かく料理に変更が加えられ、その時、その時の季節の旬が楽しめる献立へと変わっていました。

店内は、テーブル席とお座敷席があり、素敵なガーデニングがされてます。

奥には、掘りごたつやテーブル席もあって広い店内でした。

 

松花堂ランチ到着!

注文後、ほどなくして料理が到着!

季節感の感じる盛り付けで、ご飯セットに、きしめん、唐揚げ、刺身、寿司などなど品数も多く、栄養バランスの取れた食事がいただけるほか、食後に桜餅と飲み物もセット。(ご飯もお代わり自由)

そんでもって価格は1320円税込。この値段でこの美味しさ。次回は鰻を食べたい!

うどんはきしめんでした。

季節を感じる装飾も。

食後にはコーヒーをオーダー。デザートは春だから桜餅!美味しかったです。

 

季節を感じる松花堂ランチ

(以下は2021年5月下旬のもの)

どどーんと揃った松花堂ランチ。これで1320円(税込)って安すぎん?

ご飯はふっくらもっちりしてて美味しい♪しかもおかわり無料。

食後にドリンクとデザート付。クレームブリュレがめっちゃ映える!

 

 

後日、ランチにて鰻重もいただきました。

あまりにも松花堂ランチが美味しかったので「こりゃ鰻も間違いない!」と後日、うな重を食べに一人ランチしました。

どーんと登場!重箱には半分鰻、そしてもう半分に野菜や煮物、果物、うな肝がセット。

大きめの重箱にバランスの良い、鰻弁当です。お吸い物もセットになって3500円税込み。

こうして鰻の肝が提供できるお店は間違いなく美味しいお店なのは承知のこと。

いざ、実食。美味しい!

鰻はパリパリっとした焼き加減よりも、身はふんわりとしていて、ほどよくパリパリ。女性客も多いこのお店のターゲットにぴったりな焼き加減だと思います。店舗内の掲示ポスターから、鰻は愛知県一色産のようです。

うな肝もしっかりとタレが絡んでいて美味しい!臭みもなく、この肝が食べられることは、本当にいい鰻を食べているんだなぁという事を改めて感じます。

 

家族を連れて行きたいお店。

お店の方の接客も気持ちよく、今度は家族で行こうと思います。

さすがに入り口が分かりにくいですが、駐車場は広め。初めてランチ(松花堂ランチ)で来た日は、だいぶ空いてましたが、二回目(うな重)に来た日は、なんだかすごく混雑してました。

 

食後の花見もぜひ。

食べ終わった後、お店の方に相談して駐車場に車を置かせていただきましたが、桜並木をゆっくり散策するにも、ぜひ若竹さんでお食事されるのをご進言いたします。

桜も素敵ですが、料理も同じくらい良かったです。

 

日本料理 若竹

住所:〒509-5115 岐阜県土岐市肥田町肥田2684-4
電話:0572-54-7747
営業:11:30~14:00(L.O.13:30)17:30~21:30
定休:木曜日・第3水曜日

備考:現金のみ(Go To Eatぎふ食事券使用可能)
店舗敷地に駐車場多数あります。

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top