skip to Main Content

多治見市虎渓山町に移転された料理サロン監修の焼菓子専門店『ラボラトワールアコ』さんのカヌレ。虎渓山町の素敵な店舗でお買い求めいただけます。

4/18グランドオープン!

グランドオープンを目前に2回のゲリラプレオープンを行われたラボアコさん。

どちらも昼過ぎには完売という人気ぶりに、グランドオープン以降も開店ダッシュが推奨されそうな予測です。

素敵な店舗、そしてカヌレをはじめとする洋菓子は例え買えなかったとしても一見の価値はあるかと思います。

店舗側から「お願いとお知らせ」が掲載されていますので、これから行かれる方はご一読ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

 

以下過去記事。

 

4/14 突発的なプレオープンに運良く行けました。

徹夜作業をしていたらラボアコさんのInstagramにてこんな投稿が!?

え?今日プレオープンなの!?

ちょうど近くへ向かう予定だったので、ナイスタイミング!

オープン前の15分前に到着しましたら・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

皆さん考えることは同じ。すでに駐車場は満車でした(汗)

灯屋さんと共用駐車場ですので、ちょうど空いた場所にピットイン。

小雨が降ったり止んだりの一日。涼しくて丁度良かったです。

入り口には、すでに何組かの女性客がいらっしゃり店舗も開放されていました。

皆さん、新しい店内を撮影されたり、仲間内でご歓談されたりしながらオープンを待ちます。

開店15分前。

焼きあがったばかりのカヌレをスタッフさんが陳列しているところでした。

次から次へと並ぶカヌレに一同写真をバシバシ撮ってます。

※他客やスタッフの顔が映らないようにご配慮ください。

レジ側の冷蔵庫には生カヌレも用意されていました。

開店5分前。ほぼ全カヌレが並びました。

パノラマで見るとこんな感じ。圧巻です。

この後、店長であるアコ先生から御礼の挨拶があり、お祝いの拍手を経てプレオープンです。

2組ずつの入店となり、欲しいカヌレをオーダーして、決済、ラッピング、受け渡しといった流れでした。

 

ハイセンスな店舗。

待っている間に、店内をぐるぐる見回す。

店内だけでなく、待合スペースにおいてもセンスの良さが光ります。

天井窓にステンドグラス。

天井から生えている樹木と、素敵なシャンデリア。

床はフローリングで、靴のまま上がることができます。

店内小物や演出なども素敵。

 

「pas de vie sans laboako」

ラボアコ無しでは生きていけない

と書かれた、オリジナル保冷バッグの販売もありました。保冷材は2個まで無料。

フランス語の諺でしょうか。

「on ne fait pas des caneles sans casser des oeufs.」

卵を割らずにカヌレを作ることはできません(Google翻訳にて)

と書かれた入り口ドア。

キャッシュレス決済ペイペイも利用可能でした。

オーダーを行い、決済後に引き換え番号札を受け取りますが、、、でかい!

これなら無くす不安も無さそうですが、でかい。

オリジナル清涼飲料もありましたので、一緒にオーダー。

爽やかなサイダーは、ジンジャーエールと柑橘類が入ったボタニカルなノンアルコールカクテル。

これから暑くなるので、おススメです。

雨に濡れる木々を背景に、写真をパシャリ。

店舗にイートインスペースはありませんので、待合テーブルにて写真だけ撮ってみました。

ショッキングピンクのラッピングは変わらずオシャレ。

買って帰る頃には、さらに列が形成されてました。

きっとプレオープン分の販売は、昼すぎには完売していたことでしょう。恐るべし。。。

男性の方は少な目でしたが、ご年配の方から小さなお子様まで、幅広い年齢層に広がっているようです。

雨の止み間がありましたので、離れたテラス席で写真を撮ろうと思いましたが、

基本的にこのテラス席は、待合席とのこと。

ここでカヌレをイートインするのはNGの様ですので、戦利品の撮影は控えさせて頂きました。

っという訳で、自宅で戦利品を眺めます。

ラボアコさんの洋菓子は作家さんが作った入魂のお皿とぴったりです。

 

グランドオープンは、4/18(月) 11:00~

この場所、建物、そしてカヌレ。

間違いなく多くの方が、驚き、うっとりすることでしょう。ぜひ肉眼でお楽しみいただきたい。

 

以下、過去記事。

 

多治見市虎渓山町に移転、4月18日(月)11時~グランドオープン!

ラボラトワールアコさん店舗Instagramによると多治見駅北から同市虎渓山町に移転準備が進んでいる様子。

店内はアンティーク、ヴィンテージ・・・もうオシャレすぎますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

K K(@katsu43)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

新店舗の場所

Instagram投稿に記載されている住所によると、多治見市虎渓山町3-100。

 

珈琲も日本茶も雑貨も楽しめる無何有之郷(むかゆうのさと)

ここは、アンティークカフェの「灯屋」さんや、日本茶専門店「虎渓山はおと」さん、ギャラリー好日舎さんのある敷地「無何有之郷(むかゆうのさと)」にあたります。

この敷地内には、ちょっとしたテラス席もありますので、カヌレ購入と併せてカフェ利用や日本茶、雑貨なども一緒に楽しめますね!

 

日本茶専門店「はおと」さん

 

アンティークカフェ「灯屋」さん

 

ギャラリー雑貨「好日舎」さん

敷地内の中心にテラス席がありました。

 

現地にはすでに看板が設置済み。

現地へ向かうと永保寺入り口の信号には、すでに看板が設置されていました。

永保寺も徒歩圏内ですので、併せてお楽しみいただけますね。

周辺の観光案内図があります。

信号を曲がるとすぐ。 無何有之郷の敷地に到着します。

この木々に囲まれた周辺に店舗があります。

現在、店舗準備が進んでいますが、オープンとなればこの通路に長蛇の列ができることでしょうね。

風に吹かれて店舗のどこかから鈴の音が鳴っているように感じました。とても落ち着く音色です。

駐車場はいくつかありますが、他店との共有になります。

反対側にも駐車場がありますが、下の写真の奥側は道路公団専用駐車場です。店舗利用者は駐車できません。

 

名古屋方面から来られる方へ耳より情報

ここで、地元人でもあまり知られていない耳より情報。

名古屋方面から長野方面へ向かう中央道 上り線「虎渓山パーキングエリア」に車を停めて、PA内にある「ぷらっとパーク」のゲートを利用すれば高速を降りなくても徒歩でラボアコさんまで辿り着けます。距離も十分徒歩で行ける距離。(約3~4分くらい)

以下、ぷらっとパークの場所までご紹介致します。

虎渓山PAは上り線のみしかありません。

従って、長野方面から名古屋方面の下り線からはアクセスできません。

内津峠サービスエリアよりも設備が充実していないこともあり、比較的に駐車場は空いていることが多いです。

こちらの過去記事に、虎渓山パーキングエリアの魅力を掲載しています。ご参考までに。
https://tokioxyamada.jp/archives/8328

 

駐車場に車を停め、建物に向かって左側にある喫煙ブースを目指します。

写真は、外の道から喫煙ブースを向いていますが、この喫煙ブースを過ぎさらに奥へと進んでいきます。

すると、徒歩で外の道路に出られる道(ぷらっとパークのゲート)がありますので、そのまま外の道に出ます。

出た場所はPAの外、下道からもアクセスができる道です。

ゲートから左手側、下るように歩いて行きますと、すぐに中央道の高架下が現れます。

その高架を先へ進んで行くと、ラボアコさんの新店舗に到着することが可能です。だいたい3~4分くらいでしょうか。

もう一度ご説明しますね。

ゲートを出て左手へくだります。

ゆるやかな坂道です。周辺に民家もありますので車が通る可能性もあります。

散策マップがあります。

散策マップからさらにくだりますと、中央道の高架が見えてきます。

この高架下をくぐります。それなりに幅はありますが、自動車に注意してください。対向車とのすれ違いは厳しいです。

高架下は、天気が良い日はそんなに暗くならないです。

高架下をくぐるとすぐに店舗敷地がみえてきます。

名古屋方面から高速道路を使って来られる方で、かつ次の目的地が高速利用の地点だとすると便利かと思います。

 

ストリートビュー画面の左側に見えるのが、高架です。天気が悪いと薄暗いですので足元にご注意ください。ここを抜けたらスグです。

 

以下、2022.3.16過去記事。

 

3/20をもって二期最終日。

連日大人気の焼菓子専門店『ラボラトワールアコ』さんが、3/20をもって最終日。残念だと思うのは気が早い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

多治見市内の素敵な場所に移転オープン予定!

先日のInstagram投稿にて発表されていますが、なんと駅北から新店舗への移転が予定されている様子。多治見市内の自然に囲まれた場所のようですね。

オープンは、2022年4月上旬とのこと。これは絶対にいかねば!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

 

PS純金にて紹介されました。

2021年10/29の中京テレビ PS純金ゴールドさんにて、当記事のラボラトワールアコさんが紹介されました。二期オープン開始より話題が話題を呼びここ最近では、オープン1時間で完売などと言った状況が続いている様子。オンエア後の反響も大きく、営業日は昼過ぎには完売の様子です。

 

以下、2021.9.4の過去記事。

 

9/4(土) 二期オープン開始、開店前ダッシュでゲット!

SNSでは「オープン初日は用事があって行けそうにない」なんて投稿しておきながら、開店15分前に最前列へ並んだ男、やまだです(笑)

えぇと、天候の都合で仕事の日程が変わったんですよ・・・っという訳で時刻は11:45。開店15分前。JR多治見市駅北・虎渓用水広場内にある洋菓子店『ラボラトール・アコ』さんに最前列で到着しました!

第二期オープン初日。スタッフ2人体制で開店前準備がほぼ整ったご様子。

今期からの新作カヌレを含め、13種類ほど焼菓子がズラリと並んでいました。初日の開店直後は、ドリンクメニューが見られませんでしたが順次追加されてくるかと思います。

 

圧巻のラインアップは、開店前でしか撮れない光景

見よ!この開店前にズラリと並んだカヌレと焼菓子のラインアップを!!!

お店がオープンすれば、次々に売れて行ってしまう為、このズラリと並んだ光景は営業開始前でしか撮れません。ケースに並べられた様子は、焼菓子というよりもオシャレなアクセサリーにも見えるほど綺麗です。

 

今朝焼き上がったばかりの焼菓子

ちなみに、これ以外にも時間差で他の焼菓子もあった感じですが、当日の朝、焼きあがったばかりのカヌレと焼菓子が店頭に陳列されています。前日の作り置きは無し!料理サロン監修の焼菓子専門店こそのこだわり。(写真撮影許可頂いてます)

それぞれのカヌレに、コンセプトがあって違った味わいを楽しめます。食べ比べがおススメです。

欲望のカシューナッツは、お酒のおつまみにもイケそうな味わい。これは前回お試し済み。

最前列なのでヨリドリミドリ♪ 全種類一個ずつ買わせて頂きました。(買えなかった方スミマセン)

雨が降ったり止んだりの良いとは言えない天候でもお昼12時の開店と同時にお客様が次々に来られいました。お店のファンやリピーターの方もいらっしゃっいましたし、割と男性客が多かったのは土曜日だったからでしょうか?

買っちった♪ キャッシュレス決済PayPayも使えるようになってました♪

場所はJR多治見駅北・エスカレーターを降りてすぐです。

改札抜けて左側、エスカレーターを下るとこのピンク色のタペストリーが目印。すぐ分かると思います。開店前の様子。

お車で来られる方は、タクシー乗り場前の屋外有料駐車場が便利です。30分無料です。

 

 

映える・カヌレ!

帰宅してすぐさま開封。オシャレなラッピングの中に素敵な焼き菓子がご登場。

ざっくりと皿に並べただけでも・・・映えるやん!

ワインやウィスキーとのマリアージュも楽しめるかと思います!・・・が、この写真、実は水と麦茶が映ってます(汗)

嫁さんに「早く食べよーよ」と突つかれながらも、まだ待てーーい!と写真を撮るやまだ。

どの角度から撮っても映えるカヌレ。・・・うん、そろそろ食べようか。

 

断面にこそ現れる

とある食レポーターはこう言った「断面にこそ、その本質が現れる」と。新作の宇治抹茶カヌレ「Uji Marron~ウジ・マロン~」をナイフで切って見ましたが、このディティール!創意工夫に食材が詰め込まれていて、そのこだわりの高さを感じます。

さすがに味の分析なんて、ぼくにはできません。店舗Instagramによると【たっぷりと使った宇治抹茶に西京味噌、ホワイトチョコレートを合わせたとても奥行きのある味わいです。爽やかなカルダモンの香りが隠し味。】とのこと。中に栗の渋皮煮を入れた宇治抹茶と和栗のカヌレで10月末までの期間限定販売だそうです。

 

▼店舗公式Instagram
https://www.instagram.com/laboratoireako/

 

チーズケーキは2種類!

チーズ&カスタードのアコチーと、赤ワインソースが付属のバスチー。結構ボリューミィですので、半分こして食べても良いと思います。

バスチーには、赤ワインソースが付属。食べる直前にピューっとかけて頂きます!

颯爽とフィナンシェを頬張る2歳児。マセてんなー。まるまる一個食べちゃいました。

 

晩御飯の食後にも。

晩御飯の後、甘い物が食べたくなったりするじゃないですか。そんな時にもカヌレ!だいぶ夜が涼しくなってきたので、テラスでドリップコーヒーと一緒にカヌレを頂きました。

甘いものは別腹っす。鈴虫の鳴き声を聞きながら、ゆったりとしたひと時です。

 

変則的ですが基本的には週2,3日営業

お店の営業は第一期同様に、週2、3日の営業となりますが変則的な週もあります。

ほか、これまでの例からの憶測ですが、営業シーズン初盤は割と夕方まで残っていることもありそうです。中盤以降は昼3時頃で完売する日も多くなると思われます。あくまで憶測です。営業日や販売状況は、店舗公式Instagramをチェックご覧ください。

▼Instagram
https://www.instagram.com/laboratoireako/

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

以下、過去記事。

 

9月4日より二期オープン!

JR多治見駅北 虎渓用水広場に出店されていました、大人気創作菓子とカヌレのお店「ラボアコ」さんが、9月4日より二期オープンします。今年6月の一旦終了から3か月。新作のカヌレなども登場するご様子ですので、これは楽しみで仕方ありませんね!

9月18日(土)は開店1周年記念「ラボアコ感謝祭」を開催されるご様子。とっても美味しくて素敵な洋菓子が陳列されることでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

以下、第一期オープン時の過去記事。

 

いつの間にかキッチンカーが。

いつの間にか、多治見駅北 虎渓用水広場にはキッチンカーが3台程駐留してフードメニューを提供されてました。

さすがに平日だからか、昼12時にも関わらずあまり客足がなかったんですけども、

 

ここだけ列できてんじゃん!

前回来店させて頂いたのが10月。

お店のInstagramも拝見させて頂いてますが、店主の料理や菓子に虜にされた常連さんや、噂を聞きつけた女性を中心に営業される日はご覧の通りの盛況ぶりだそうです。日に寄っては夕方よりも前に売り切れなんて日もある様子です。

営業日となる水曜日のオープン同時でこの列でした。

お店はクリスマス仕様に装飾が施されてます。

日没後のライトアップも楽しみだなぁ~なんて思いながらも、日没前には売り切れなんてこともありえなくない。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ラボアコ(@laboratoireako)がシェアした投稿

 

前回、カヌレを購入させて頂きましたので、それ以外のものを一通り買わせて頂きました。

今晩は、クリスマスケーキもあるので、明日の朝ぼちぼち頂こうかな~と思っています。

 

以上、多治見駅北のカヌレの人気が沸騰中です!

 

以下、過去記事。

 

料理サロンがプロデュースする焼菓子専門店

多治見市の料理サロン・アコアターブル @akoatable.ako さんがプロデュースする焼菓子専門店ラボアコが多治見駅北口虎渓用水広場内ブースにて10月にオープンされてますので行って参りました。

 

そもそも、カヌレってなんぞ?

という疑問から立ち寄ってみた事もあるんですが、どうやら修道院で古くより作られていたフランス菓子とのこと。

アコアターブルさんについて、数年前にチョットだけ料理教室の風景を拝見させて頂いてたので、間違いない美味さだろうと思って買わせて頂いたのですが、予想をはるかに越える完成度に驚きました。

 

表面は固めだけど、中はふわふわ&もっちり♪

なんとも表現が難しいのですが、プリンのようなとろみも感じます。

一口食べてみると、優しい甘さが来たと思ったら、次にスパイスの効いた辛みがアクセントになり、最後にまったりとした深く芳醇なお酒の香りが口内に漂います。

 

「ボルドー」「カトマンズ」「バスク」「タジミ」・・・

『旅に出てみよう…!カヌレの旅。』というテーマがあり、それぞれに街の名前が付けられ、テイストが楽しめます。

っという事なので、全種類1個ずつ買って帰らせて頂きましたが、ほんとうにどれも味わい、香りが違うんですよ。

ボルドーにもカトマンズにも行ったことないけど、「あぁ、カトマンズはこんな町なんだ」って脳裏に浮かびます。

さすが料理教室の先生!なんてレベルじゃなくって、言い換えれば菓子を作品に見立ててアーティスト。

断面を見れば何となく分かるんですが、1個350円程度の菓子に、ここまでやってるんだ・・・って素人のボクでも感じるような工程と菓子への愛情を感じます。

 

大人の味

買い物待ちの行列を見て「なんの行列?え~カヌレ?」っと通り過ぎて行った若者よ。大人へのチケットを一枚取り逃しましたよ。っと思いつつも、その日の焼き立てを店頭に並べて販売されていらっしゃいますので、売切れには注意です。

基本的には水曜と土曜の週2日営業。

営業時間:12:00〜17:00
車で来られる方は、タクシー乗り場近くにある有料駐車場(30分無料)が便利ですよ。
詳しくは、ラボアコInstagram @laboratoireako でチェックしてくださいね。

 

自家製コーラでも世界を旅しよう

カルダモンに各種スパイス、バニラ・・・隠し味はラベンダー。コカコーラやペプシコーラーをイメージして頂くと程遠いんですが、こうした自家製コーラも他では楽しめない、ここだけの魅力。実際に世界のコーラって色んな味があるので、飲んでみると「なるほど、コーラやわ」って分かります。

(以下、ラボアコさんのインスタより転載)

カルダモンなどの各種スパイスの清涼感と、バニラの甘い香り……!

そこに柑橘を2種類組み合わせて
自家製コーラを作りました。

隠し味はラベンダー。
お砂糖は黒糖と甜菜糖の2種類。
後味スッキリ♪

ひと口飲めば「あ!コーラ♥️」な驚きが楽しめます♪

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんを全力応援中!

Powered by

Back To Top