skip to Main Content

【2024新店】JR多治見駅南口直結・プラティ多治見の1階にオープンした「Chiave caffé~キアーヴェ カフェ~」さんへ初来店。スタイリッシュな店内空間で、こだわりの珈琲とスコーン、パウンドケーキを舌鼓み。

個人的に気に入っているプラティ。

JR多治見駅南口から直結した商業施設「プラティ多治見」。

以前のブログでもご紹介させて頂きましたが、「空いていて落ち着ける」「どこもかしこも綺麗」「駐車場から雨に濡れずに入れる」など、実は筆者個人だけでなく家族にも好評のスポットだったりします。(主に三河屋さん利用)

 

開業して期間が経ちましたが、まだまだテナントに空きがある状態。

しかし、2024年2月6日に新たにカフェがオープンしたとのこと、立ち寄って参りました。

場所は、プラティ1階の角。

郵便局の隣りにカフェがオープンしました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chiave(@caffe_chiave)がシェアした投稿

反射して中があまり見えないのと、オシャレな横文字が多いので最初はブランドショップ?かなと思いました。

そのカフェの名は、「Chiave caffé~キアーヴェ カフェ~」さん。

鍵を意味しているようです。

店内一歩踏み込むと、ご覧の通りのオシャレな空間。

まだオープンして間もないこともあり、どこを見回しても綺麗!カッコいい!いい香り!

ロイヤルブルーのソファーに、チェア、北欧の輸入家具だそうです。

ベルベットの感じも高級感があっていいですね。

客席は、主にここだけとなります。

4名利用の場合だと、テーブルをくっつけて広く使えそう。

奥の壁の4Kテレビには、美しい世界の景色がスライドショーで映し出されていました。

席の後ろ側になりますが、立派な調理カウンターがありました。

並べられたグラスをよーくみると・・・バカラがありますねぇ。(あくまで展示用)

珈琲の調理機器もしっかりとしたものを使われ、カップはウォーマーで温められています。

 

メニュー表(2024.2.8)

事前リサーチを怠ったため、フードメニューが無い事を現地で知りました。

ここは、あくまでコーヒースタンド的なカフェであり、ドリンクとスコーン、パウンドケーキのみ取り扱いされています。(将来的にはメニュー増えるかな?)

ショーケースには、スコーンとパウンドケーキ各種フレーバーが並べられています。

先にオーダーをしてから、着席する感じですね。

で、ショーケースのすぐ隣に目をやると、可愛らしい皮製品のミニバッグがあるじゃないですかっ!?(しかもスカーフ付きで)

嫁さんが似たようなバッグを持ってたこともあり、買って帰ろうかなぁ~なんて思って値段を見ると・・・

 

じゅ、じゅうよんまんえんっ!?

っと焦ってしまいましたが、安心してください。たったの1400円でした。。。(紛らわしいなぁもう)

ぱっと見、高級感のある色味だし、スカーフまで付いてるし、中にクッキーが入ってるし・・・

もしかしたら物凄い超高級品で本気で14万円かななんて思ってしまった訳なんですが、1400円なら買いです!

なお、併せて珈琲ドリップバッグの入ったボックスも購入させていただきました。

こんな感じで、質感の良い紙袋に化粧箱。

バッグの方には、クッキーとビスコッティが入っていますので、ホワイトデーにも良さげです。

展示在庫以外にも、在庫は有る様でしたので、オープンして間もない今なら全色買えるんじゃないでしょうかね。

入り口入ってすぐ目の前に、こんな感じで並んでいます。

オーダーを済ませ、せっかくなので奥のスペースも拝見させていただきました。

ちょっとした半個室になっていて、ここでも珈琲がいただけると思うのですが、実はここは打合せスペースらしい。

っと言うのも、このカフェ自体、ハウスメーカーさんが運営するお店であり、新築などを検討されている方などに向けての商談スペースも兼ねている様子。

「住宅展示場まで足を運ぶのは敷居が高い」「仕事帰りに立ち寄りたい」「まずは気軽に相談したい」などといったニーズは少なく無いようで、ハウスメーカーだけでなく、建築会社さんや設計会社さんもこうしたカフェなどをオープンさせているみたいですね。

会社パンフレットもしっかりと置いてありました。

家づくりに関するセミナー会場としても活用されるみたい。

奥には、ちょこんとしたキッズスペースも。

ちょっとファンキーなわんこ。

 

それは別として一般利用もぜんぜんOK

カフェの運営はハウスメーカーさんでありながらも、全くもってカフェの一般利用は可能です。

店員さんから、個人情報を詮索されたり、パンフレットを押し付けられたりもありませんのでご安心あれ。

そして、珈琲が美味しいお店であること。

駅に直結したコーヒースタンドとして利用価値が高いと思う。

店内オリジナルのスペシャリティ珈琲は、豆の販売をされるほどの自信作。

マシンは使わず、細口のケトルを用いて、ペーパードリップで丁寧に淹れてくださいます。

後で気が付いたのですが、テーブルに埋め込まれたヒーターで保温もしっかりとされてますね。

Chiaveブレンド(深入り)600円。

プレーンスコーン400円、フランボワーズパウンドケーキ470円。

少しお値段するなぁと思いましたが、このオシャレな空間と高品質なソファで頂く時間こそ。

焼菓子よりも、ここの珈琲に対するこだわりと丁寧な淹れ方、豆の香り、そして苦みが良かった。

東濃地方にしては、都会派でお高くとまったような空間に見えながらも接客はアットホームで一切住宅を売りつける様な雰囲気もなし。

「コーヒースタンドとして利用価値」と先に記載していますが、日曜、祝日が定休日で、朝9時半~夕方6時までと営業時間も短い。

通勤時間に立ち寄るといった感じではなく、日中での利用を中心としながらもフードメニューも無いことから、プラティ内にあるボタニカルカフェの方が利便性が高い。そして、プラティ内にはSUUMOカウンターもある。。。

ちょっとアンバランスな感じもしましたが、これはこれで筆者のようにフラフラした人間には、ぴったりのコーヒースタンドだったと思う。

 

素敵なお土産も買えたしね。

 

Chiave caffé(キアーヴェ カフェ)

住所:〒507-0033 岐阜県多治見市本町1丁目122 プラティ多治見 103-2b
営業:9時30分~18時(L.o 30分前)
定休:日曜日、祝日
備考:カード決済、ペイペイ対応、プラティ駐車券対応

HP:
https://ikedasangyo.jp/chiave/

Instagram:
https://www.instagram.com/caffe_chiave/

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんを全力応援中!

Powered by

Back To Top