skip to Main Content

イオンスタイル土岐さんのネットスーパー対応は10/17 15時~開始。さっそく注文してみた。

イオンネットスーパーは10/17 15時より受付開始!

地元住民にとっても非常に有難い配送サービス。

よくよく見ると土岐市、多治見市、瑞浪市であっても配送エリア外の場所もあります。順次エリア拡張されると良いですが、特に買い物に不便なエリアがカバーされていないように感じて残念です。

イオンスタイル土岐さんHPより

 

配送エリアに注意

土岐市でいう所、泉町の全域、肥田町、土岐津町、土岐ヶ丘の各エリアと下石町の一部エリアが配送先としてカバーされていますが、下石町、駄知町、妻木町、曽木町、鶴里町など特に買い物に不便なエリアがカバーされてないです。

 

事前に注文、受け取りは店頭!

事前にネット注文して、店頭で受け取りが可能なピックアップサービス!

車に乗ったまま受け取りができるドライブスルー方式も便利ですね。場所は国道19号線から入って割とすぐイオンスタイル側になるみたいですね。

 

さっそく注文してみました!

ネットスーパーの注文は、イオンスタイル土岐さんのホームページより24時間注文可能。

イオンスタイル土岐ネットスーパー
https://shop.aeon.com/netsuper/01050000002390/

 

会員登録を済まし、豊富な商品ラインナップから買い物かごに入れて行きます。

 

 

そして決済画面にて、受取先と受取日、時間帯を選びます。

自宅だけでなく、イオンモール土岐内のピックアップ場所からも受け取り可能。

締め切り時間がありますが、それよりも前だと最短で当日~翌々日の配送が可能。

 

 

リサイクル資源の回収にも対応

しかも同時に牛乳パックやトレイ、アルミ缶、ペットボトルなども回収してくださる様子。

洗浄&分別して出す必要がありますが、こうした取り組みも有難いですね。

ネットスーパーのシステムとして、特にインターネットや電子機器に疎い高齢者などへは、遠く離れて住む息子さん、娘さんが代わりにオーダーしてあげるみたいな使い方が良さそう。

 

さっそく到着しました!

昨晩注文したイオンネットスーパーが到着!

15時~17時の時間帯を指定し、16時前に到着。

今や有料の買い物袋に入れてくださり、比較的ぱっと受取完了。

重い水物やお米も軽バンに2人体制で配達してくれました。

配送スタッフに稼働状況を尋ねましたが、「徐々に増え始めているとのこと」。この辺りでは、ヨシケイや生協などの配送が多い様に感じますが、これからはそこにイオンが入り込む形になりそうです。

オープン記念のサラダ油もありがとうございます!

注文画面で気になった、てりカツ丼、玉子あんかけカツ丼が今日の夕食。

さて、見せて貰おうか、地元B級グルメの味がどれほど味が再現されているかイオンスタイルの研究度とやらを。

他、クリスマスケーキに寿司にオードブル、焼き立てもとい、焼きあげパンとPRチラシが同梱されてました。

モール施設だけでなく、こうしたサービスからもイオンモール土岐の存在は大きく感じる。

 

 

っと言う訳で実食しました。

 

結論、美味しく無かったです。

気になるてりカツ、たまごあんかけカツ丼ですが辛口で申し訳ございません。不味かったです。

 

 

つい一昨日、旭家食堂さんでランチしたばかりなので特にそう感じたのですが、ちちやさんの味でも、味乃屋さんの味でもなく、ただ単に酸っぱいだけの薄いデミグラスソースとケチャップを混ぜたようなタレが添付されているだけでした。

カツがどうだとか、キャベツや米がどうとかは無視して、テリソースについて言及します。美味しくない!

 

ちなみに、本物のテリカツ丼はこちら。旭家食堂さんの小小セットです。

 

そして、玉子あんかけカツ丼は、全くの別物です。どべっとした玉子の餡がカツにかかっただけです。

これもまた美味しくありませんでした。

 

こちらが本物のたまごあんかけカツ丼。JR瑞浪駅前にある加登屋さんのものです。

ちょっと前に、ローソンさんが期間限定で加登屋さんとコラボした味は、かなりの再現度。こっちは美味しく食べれました。

 

わざわざいう必要なくない?

不味かったのにわざわざそんなこと書く必要ないんじゃない?って思われる方も多いかと思いますが、すみませんが当ブログ事体が、筆者の目線で地元情報を発信すべく媒体でありたい故、あえて書かせて頂きました。

だって、イメージしてたのと全然違うんだもん。。。

でも、お惣菜やお弁当は、普通に美味しかったです。

 

もちろん、イオンスタイルさん側も「別に地元のソウルフードを意識した訳ではない」と言われればそこまでなんですが、この商品を特にイオンスタイル土岐さん限定で販売されるとなると、危うく東濃のソウルフードはこんなもんか?と思われるのが怖いですね。(ましてや、東美濃のB級グルメはこちら!なんて書かれた日には幻滅です)

はっきり申しまして、テリカツ丼もあんかけカツ丼も実店舗で食べて頂きたい。これらは全く別物です。

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top