skip to Main Content

きなぁた瑞浪敷地内に6/27オープンしたばかりの『ボーノポーク工房”瑞浪”』に初来店♪安くて高品質なソーセージやベーコン、ハム等が買えるほか、昼12時まで店内でパニーニ&ソーセージのモーニングが楽しめます。

6月27日(土)オープン!

瑞浪市 国道19号沿いにある農産物等直売所『きなぁた瑞浪』さんの敷地内に、何やら新しい”ボーノポーク工房”なる建物が作られてまして、お肉大好き=やまだとしてはオープン前からめっちゃ気になったましたが、ついに6月27日にオープンしました!

ボーノポーク工房”瑞浪”は、読んで字のごとく瑞浪市の特産”ボーノポーク”を加工される工房。

実際に工房で加工されたばかりのソーセージ等の加工品も購入できるとのことで、ものすごくワクワクしてました。

国道を曲がってすぐ手前。きなぁた瑞浪の敷地内にございます。

配置としては入り口から順に、『ボーノポーク工房』⇒『麺や一歩一歩』⇒『農産物等直売所』⇒『資料館』⇒『トイレ』といった具合。

オープンから約2週間経ったタイミングで初来店。

オープン当日は行列が出来てたと聞きましたので、ここは密を避けるべく少し落ち着いた平日に行こうと思ってました。

そして来店。本日は7月13日(月)時刻は昼11時。

モーニングが昼12時まで提供されますので、この人が空いたタイミングで行くぞーっと思っていたら・・・

なんともまぁ、お店に人が吸い込まれていく~。

も~お昼時なんですが、皆さんここのモーニングをランチにしてやってこられる様子です。

ちょっと写真が撮れませんでしたが、満席で並んでました。

この写真は別日(7月4日)。
モーニングが終わるタイミングでしたのでイートインはほぼ皆無。

 

 

モーニングは、朝9時~12時まで。

ボーノポークのベーコンがサンドされたパニーニ、そして店内で加工されたボーノポークウィンナー、それにサラダとお好きなドリンクが1杯ついて・・・660円(税込)はお値打ちだと思います!

コーヒーもこだわりの一杯。

ドリンクのみの提供であれば、昼12時~18時まで可能。

 

 

 

店舗内に加工設備があります。

ボーノポーク工房ですので、店舗内に加工施設があります。

実際に、店内で加工されたばかりの素晴らしいウィンナーやベーコンがリーズナブルでお買い求めいただけます。

地元のブランド豚ってなかなか買う機会もなかったし、身近なものではなかったように思えます。

この工房を通じてぜひ地元ブランド豚『ボーノポーク』を知って頂きたいですね。

豊富な種類のソーセージ。

豊富な種類から選べるウィンナーやベーコン。どれも美味しそう♪ 価格も500円程度で購入ができますよ。

すでに売り切れてしまっている商品もありましたが、お会計を待ってる間に加工されて補充されたものもありました。

 

 

ギフト発送も可能です。

ボーノポーク工房から直接ギフト発送は現時点では未対応。

少し手間はかかりますが、産直売り場にて発泡スチロールをお買い求めいただき、そこから宅急便で送ることが可能ですよ。ぜひ贈り物にいかがでしょうか。

 

 

さっそく自宅で調理する→うめぇっ!

購入したボーノポークウィンナーをフライパンで焼いて食べましたが、いやここまでのものか!と驚きました。

まず、フライパンに油をひかなくても、ウィンナー自体から溢れ出る脂で十分に焼けます。

一口かじると、その脂と旨みがじゅわぁ~~。もう、ビールが進む進むったらありゃしない。

ボーノポーク工房のレジ横に置いてあったマスタードとの相性も抜群。ぜひ併せてお買い求めされたい。

 

結構買いましたが、リーズブルですよ。
旅行先の畜産コーナーとか普通に一点1000円とかするけど、さすが産地直送!安いし旨い!

 

月刊らせるさんより転載。

ボーノポークは、霜降り割合が約2倍。濃厚なのにあっさり。肉の旨みが逃げない。という3つのスゴミがあるとのこと。

加工所はレジカウンターの裏。あと、写真右奥にも何やら加工スペースがあるように思えました。

 

 

ボーノポーク工房”瑞浪”

HP:https://kinahta.jp/company/

住所:〒509-6101 岐阜県瑞浪市土岐町6059
電話:0572-56-1186
営業:9:00-18:00(火曜定休)

Back To Top