skip to Main Content

しだれ梅が見ごろ♪はなももは3月下旬が見ごろ。 3月27日~4月4日はライトアップも予定。土岐津高山・高山梅園のシダレウメが咲いています。今年は菜の花とのコラボレーション。薄紅色と黄緑色、そして青空色の原色の世界。

はなももの見ごろは3月下旬。ライトアップなども開催予定。

はなもも&桜の開花と合わせて、3月27日(土)~4月4日(日)18時~21時には高山城跡のライトアップが行われます。

ほか、周辺では戦国茶会が3月27日(土)28日(日)10時~12時開催予定。土岐高山城戦国武将体の演武披露もある様子。(茶会は雨天時中止)

過去のライトアップの様子

 

 

土岐津高山・高山梅園のシダレウメが咲いています

2021.3.1 しだれ梅が見ごろを迎えています。菜の花も植えられていて薄紅と黄色、緑の景観がより春らしく彩られていました。これで青空だったら写真映え120%でしょう。

年々ほかの花も植えられている様子ですので、毎年春にここを訪れるのが楽しみです。

 

菜の花も綺麗に咲いていました。

高台にある梅園からは土岐市街地を見下ろすこともできます。

 

駐車場、トイレについて

梅園の手前に駐車スペースがあります。満車の際は、坂を上った高山霊園の駐車場か、道を奥へと進んだ先にある高山城址の門前に止めて歩かれると良いでしょう。

さらに進んで行くと高山城址の門に到着します。

門の100mほど手前に山の神の岩があります。

その更に手前にトイレがあります。

トイレは立小便器の部屋と、和式トイレの部屋が分かれてあります。

 

周辺案内図

 

 

以下は過去記事。

暖冬の令和最初の春は、少し早めの訪れ模様。

土岐津町高山にある高山公園から坂道を上った先には、霊園、梅園、城址がございますが、こちらの梅が7分先と言った具合です。

▼写真クリックで拡大表示

 

 

2019年3月26日時点での様子

 

ナイスな景観が待っています。

この一帯は地域ボランティアの方が中心となって整備されており、高山城址の物見櫓(ものみやぐら)からだけでなく、新設された高台(東屋)からも土岐市の市街地が見渡せるナイスな景観が広がっています。

東屋(あずまや)

 

高山城址には物見櫓(ものみやぐら)が設置されています

高山梅園のすぐ隣にある高山城址には、お城こそ残っていないものの、物見櫓が建てられています。

立派な階段が整備されて歩きやすい。

櫓の前にある桔梗亭。座談に丁度いい、ちょっとした休憩スペースにもなっています。

櫓はこのように二階建て。

階段を使って櫓に上ります。片方に掴める場所が無いので注意して登りましょう。お子様連れも注意してゆっくり登ってくださいね。

遠く土岐プレミアムアウトレットまでも見渡せるほか、車でそのまま行けちゃう夜景スポットとしても、知る人ぞ知る場所。

夕日が沈む風景もまた一興

 

地域ボランティアさんの活動に感謝。

敷地内の美観は勿論、ステップ階段や道路のデコボコなど訪れる度に細やかな改善がみられるのも地域ボランティアさんの思いやりを感じます。

対岸となるセラトピア土岐からの眺め

 

来週末が見ごろかも?

本日2020年3月7日時点でも、良い感じに写真映えするシダレ梅のほか、はなもも 等も週末頃には一気に開花すのではないでしょうか。

場所によっては蕾のままのものも。満開の時期がまばらになる事が予想されますが見ごろは3月中旬~下旬かと。

 

妻木城址と合わせてぜひ。

NHK大河ドラマ麒麟が来るでは、次週いよいよ土岐市が紹介されるとか。。。妻木城址と合わせて、ぜひぜひ足をお運びくだされぃ!

まだまだ地元住人にも知られていない素敵スポットです。駐車スペースも多数ありますので、ぜひお出かけしてみてくださいね。晴れた日に、ちょっとしたピクニックにも良いですよ。

高山梅園からの夕日

 

徒歩圏内の周辺にも多くの歴史探索スポットがあります。

高山城址周辺には、多くの歴史スポットが残っています。また毎年10月には戦国祭りも開催されていますので、ぜひチェックしてみてくださいませ。

高山城高山宿史跡保存会 公式サイト
https://www.tokitakayama.com/

 

 

高山梅園の場所

駐車スペース多数あり、トイレは下った先に高山公園にあります。

Back To Top