skip to Main Content

めんそーれ!国道363号 土岐市と豊田市の境界にあるおきなわカフェ ”やんばる” さんへ行ってきました!TOKIプレミアム・アウトレットから車で30分で行けちゃう沖縄!

2021沖縄行きたい!

まだまだ気の抜けない状況の中「沖縄に行きたい」気持ちが抑えきれずに、やってきました沖縄カフェ「やんばる」さん。

場所は、なんと土岐プレミアムアウトレットから車で30分とかからない場所。土岐市と豊田市の境界線にお店はあります。

もう言ってしまえば、ここは土岐市!道路を出て見上げたら三国山が見えますからね。

屋外席もありますが、使われているところを見たことが無い。

前回の来店から営業時間と定休日が変わっていますね。

 

沖縄に来たさー

店内には、琉球音楽がかかり、まさにここは沖縄にきたさーという気分が楽しめるます。お店の方も沖縄出身なので、なんちゃって沖縄感がなくて素敵。

 

地面は主に石砂利が敷かれていますので、靴を脱がずにそのまま入ります。入って手前にテーブル席、右に半個室、左にサンルームのテラス席があります。

まぁ、毎回このテラス席を選びますね。なぜなら店名の「やんばる」とは沖縄の言葉で山原(やんばる)を示すものだから。田園と山々を眺められるこの席からは、道路を行き交う車やサイクリングの自転車も見下ろすことができる。

天気がいいと、抜群に日光が差し込むので汗をかくほど暑いです。夏はしんどそう。

 

沖縄のお土産コーナーも健在

学生時代の就学旅行で沖縄に行った我々。なんだかあの頃のお土産選びを思い出します。

メニュー表にも書かれて入ない限定メニューは掲示されています。

サーターアンダギーは終了になりました。

トイレも綺麗で気持ちよく使わせていただきました。

 

メニュー表

初来店の方ですと「やんばるセット」がおすすめです。ぼくも来るたびに、やんばるセットを頼みますね。

 

今回もやんばるセットをオーダー

入店時刻は11:30頃でしたので、お客さんはおらず、オーダーして10分ほどでご登場。

 

やんばるセットは、やんばる、おきなわ、ソーキ、アーサの各種ラーメンとそばでチョイス可能。

やんばるそば or やんばるラーメンにしますと、それぞれの味が楽しめますのでお勧めです。

 

こちらは、やんばるラーメン。麺は通常の中華そばなので食べやすい。

 

こちらは、ソーキそば。小麦粉で作られたそばで食べ応えあります。

山原を眺めながら

琉球音楽を聴きながら、この窓からの景色を眺めていると、地元土岐市ではない、どこか違う場所へやってきた感覚も楽しめます。ほんと車で30分走っただけなんですけどね。

 

味変のアレも常備されていました。

もっと沖縄を食べたい

そんな方には、ソーキ丼のミニ、もしくはジューシーメー(沖縄の炊き込みご飯)を追加オーダーされると良いでしょう。僕は、ソーキ丼ミニを追加。

プルンプルンのソーキ肉。牛丼にも似た味。

こちらはポークおにぎり。ランチョンミート、卵、あぶら味噌で作られていますが、とにかくデカかった。

あまりにもデカいので半分にカットして頂きました。

やんばるセットでチョイスした、ミニ沖縄ぜんざい(ホット)。

やんばるさんに来ると、毎回沖縄旅行がしたくなりますが、もう少しの辛抱。

地元でも、ちょっと車で走れば新しい発見や美味しいグルメが眠っています。いま、こんな時だからこそ地元フロンティアスピリッツで!

 

三国山 山道は、2月末まで閉鎖

よーしお腹もいっぱいになったし、三国山展望台から名古屋駅を見に行くぞー!っと意気込んだものの、入り口へ着くも・・・閉鎖中。冬季は凍結の為、1月10日~2月末までは閉鎖だそうです。。。

 

 

以下は、2018年12月の過去記事。

 

暖冬と言われてても、やっぱ寒い!

こうも寒いと温かい場所にいきたくなりますよね?例えば沖縄とか?

今回は、そんな寒ガリータな貴方にオススメのカフェをご紹介。TOKIプレミアム・アウトレットから車で30分で行けちゃう沖縄・・・それが、おきなわカフェ ”やんばる” さんである。

 

そこは、確かに沖縄!

三国山のおひざ元、土岐市と豊田市の境界にひっそり佇ずむ山原に囲まれたカフェ。そこに一足お店に立ち入れば、O・K・I・N・A・W・A やで!

シーサー!

ソーキそば!

シークワーサー!

ちんこ・・・じゃなくって ちんすこう。(笑)

店内には沖縄のお土産売り場もありました。

床は砂利なんです。天井も飾られているインテリアも沖縄や~。ここは沖縄や~、土岐市からたった30分で沖縄にきたんや~

 

沖縄出身の女将さんと娘さんで切り盛りされています。

「めんそ~れ」ではなく「いらっしゃいませ~」と言ってくれた女将さんは沖縄県出身の山原(やんばる)育ち。南国の雰囲気いっぱいで温かく迎えて頂きました。

 

テラス席からは山と野原の穏やかな景色が楽しめる。

テラス席はガラス張りのパノラマビュー席。天気が良かったこともあって沖縄ばりの気温を体感しつつ、ソーキそばを頂きましたが、これまた絶品!

 

おきなわカフェ「やんばる」

HP:http://www.hm.aitai.ne.jp/~yanbaru/
住所:愛知県豊田市白川町日面274-25
営業:10:00~16:00
定休:月火金(祝日は営業)
電話:0565-76-7372
地図:https://goo.gl/maps/Fu6WfGVS1612

事前予約でテークアウトも可能だそうです。

 

 

 

足湯に牧場、その他にも周辺には楽しめるスポットがあります。

車で5分の距離に無料足湯が入れる公園があったり、三国山へ登る道中に変なカカシや牛さんがいっぱいの牧場があったり、土岐市と豊田の堺目もナカナカ楽しめるエリアです。

▼写真クリックで拡大表示

石畳ふれあい広場(やんばるから車で5分)
広い公園広場に、無料足湯や温泉水の汲み上げタンクなどもあります。
地図:https://goo.gl/maps/Zdb7ZsoJ2u22

 

 

三国山経由で帰ろうとした道中にも面白いスポットが!

三国山から宮下ファームさんへ向かう山道で偶然見つけたカカシアート?
場所はだいたいこの辺⇒ https://goo.gl/maps/21EAEt3XwZm

 

ミルクプリンなどの直売があるかと思い、突撃した宮下ファームさん農場にて牛さんに遭遇。よーく見てみると羊さんもいましたね。離れた場所には鶏さんもいましたが、人間さんはだーれもおらず撤退しました。(たどり着くまでにだいぶ苦戦したが)

 

通販で買えるとな!?

宮下ファームさんの牧場プリンなどはこちらのサイトから通販可能です。とっても美味しいと評判なのでお歳暮と兼ねて注文してみたいと思っています!

▼ 宮下ファーム通販サイト(閉鎖されてました)
http://www.miyashitafarm.com/

 

っという訳で12月に突入しましたね~

あいさつ回りに年賀状、大掃除に仕事納め。

何かと慌ただしい時期ですが、やるだけ必死にやりきったのなら『なんくるないさぁ~*』の精神で後はどっしり構えましょっか!

以上、今回は土岐市から豊田市、瀬戸市を股にかけた投稿でした。

*沖縄の言葉で「なんとかなるさ」というニュアンスの言葉です。

 

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top