skip to Main Content

【多治見市下沢・丘の上の小さな隠れ家】Cafe Platre カフェプラートルさんへ初来店。扉の向こうの異国空間、アンティーク家具や作家さんによる器も素敵です。

丘の上に佇む素敵なカフェ。

多治見市の滝呂団地から美坂へ抜ける道中、住宅地に目をやると一軒だけ世界観の違う建物が。

この道を初めて通る人からしたら、なんのお店なのか?と車を停めて覗きたくなるような漆喰壁の素敵な外観。

近づいてみるとどうやら飲食店の様ですね。

そうです、ここがカフェ プラトールさん。

営業日は、水曜、木曜、金曜、土曜で、週の約半分が定休日となっています。

モーニングも再開された様子で、ランチから、ティータイムと朝から夕方まで営業されています。

「小さなお子様や赤ちゃんは、もう少し大きくなってから来てね」っと言うのも、店内は非常に繊細で精巧な器や雑貨類がたくさん。

アンティークな家具なども多いこともあり、走り回ったり、何でもかんでも口に入れてしまうような小さなお子様や赤ちゃんには危ないかなと思われます。

っという訳で、ランチタイムを少しずらして入店。

先に記載したとおり、店内アチコチに素敵な雑貨と家具がいっぱい!

扉を開けたら、ここは多治見?

どこか異国、異世界にワープしたかのような気分を楽しめました。

その時代、その歴史を感じる家具の上には沢山のハンドメイド雑貨や焼き菓子が並べられており、購入することも可能でした。

季節はクリスマスシーズン。

サンタクロースのオーナメントが添えられたクリスマスクッキーの販売も。

フローリングもまた味がありますね。

こういう床を革靴でカツカツと音を鳴らして歩くのが個人的に好きだったりします。

お水はセルフサービスになっており、デトックスウォーターの様でした。

軟水に少しだけフレーバーを感じます。そして、サーバーもグラスもこだわりがありますね。

そんなこだわりのあるグラスがなんと250円!

業務用と書かれていますので、デッドストック品でしょうか。ホームセンターで売っているものと俄然オーラが違います。

 

ランチメニュー表(2023.12)

ランチタイムは11:30~14:00で、メニューは月替わりの様です。(売切れ次第終了)

毎回ハンバーグが登場しているようですので、やはりここは月替わりスキレットランチのハンバーグをチョイス。

店舗の最新情報はInstagramをチェックされるのが良さそうです。

Facebookページも連動して情報発信されていらっしゃるので、チェックしやすい方で確認されたらと思います。

 

以前は休止されていたモーニングも、9時~11時の間で再開されている様子。

ケークサレのモーニング、良いなぁ。

店内はどこを見ても雰囲気を楽しめますね。あっという間に食事が提供されました。

月替わりのスキレットランチは、自家製トマトソースのハンバーグ。

十六穀米、サラダ、デリ、スープにドリンク付きで、1300円

温かいスープに、少し多めのサラダ、スキレットには柔らかハンバーグ。

健康的な食事メニューで、どれも優しく食べやすい味付けです。

スキレットランチは10食限定と書かれているので、土曜日に向かわれる方は売り切れ注意です。

 

サイドメニューで更に満たす

レビューの中に「男性だと量が少な目」と書かれていますが、確かにランチセットだけだと少なく感じる人もいるかもしれません。

そんな時こそ、サイドメニューもオーダーされたい。

でもこのサイドメニュー表、公式サイトにもInstagramにも書かれていません。。。

筆者自身もどこでこの「カッテージチーズと蜂蜜のポテトフライ」の存在を知ったのか思い出せませんが、お店の方に「サイドメニューも見たい」とお伝えすれば、メニュー表を出してくださいますよ。(そもそもサイドメニューは、ランチ後のカフェ限定メニューだったのかも?)

こぶりなスキレットに出されたポテトフライは、チーズと蜂蜜のかかったもの。

ポテトチップスをスイーツにしたような・・・名づけるなら「チーズハニーポテチ」っと言った感じでした。

しかし、筆者はこれでは収まらない。

なぜなら、スイーツは別腹だからである。

店内入ってすぐ右手にあるショーケースから、自家製ケーキを品定め。

テイクアウトも出来るみたい。そしてこのお皿たちも素敵です。

お店に入ってすぐ、最初からどれを選ぶかは決まってた訳なんですが、自家製グラノーラのトライフルをチョイス。

食後のドリンクは、ホットコーヒーで。

クリーム、グラノーラ、クリーム、果物、そしてサンタ!

このオーナメントは食後に持って帰ることもできます。もうすぐ訪れるクリスマスの日に活用してもいいですね。

クチポールのデザートスプーンに、グラノーラとクリームをこんもり。

で、さっきからツッコミどころ満載なマグカップ!

このマグカップは「やちむん」。

沖縄の方言で「焼き物」のこと、そして沖縄で生産されている焼き物を総称して「やちむん」とも呼ばれているそう。

歴史深く、多くの国の影響を受けて、ぽってりとした厚みと色鮮やかさ、など独特の姿と技法で作られた沖縄の焼き物です。

実際に、沖縄の作家さんが作られたものを購入されたようです。

使いずらくない?って思われそうですが、意外と安定するんですよ。

そして左手は ”添えるだけ”。

もしこの球が取れて、カップを落としてしまったら・・・とちょっとしたスリルも楽しめます。

実際に、現地へ足を運び気に入ったものを調達してはお店で使われているとか。(お店の方談)

カウンターには、九谷焼や美濃焼、沖縄の焼き物「やちむん」など、地元から遠方の作家さん、そして海外の作家さんの物も使われているんじゃないかなと思います。

 

ちょっとしたギャラリーカフェ。

家具や雑貨、それに器にも、こだわりを持たれたお店。

言い換えれば、ここはちょっとした個展ギャラリー。

小さなお子様にはその良さや稀少で貴重なことなどは伝わりにくいかと思います。

 

Cafe Platre カフェプラートル

住所:岐阜県多治見市下沢町4-30-2
電話: 0572-74-1254​

営業:
朝9時~11時(LO.10:30)
昼11:30~14時
カフェ14時~16時(LO.15:30)
テイクアウト:9:30-16時

定休:月/火/日

備考:ペイペイ対応、駐車場5台(1組1台で)

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top