skip to Main Content

紀州備長炭で焼き上げる、こんがり&ふっくらの極上鰻!瑞浪市土岐町・うな春さんでうな丼&うな重食す。ひっさびさのクリーンヒット、ここは美味い!

瑞浪駅から徒歩5分ほどの鰻店

うなぎ大好きな筆者は、土岐市の鰻店こそ制覇したものの、瑞浪市、多治見市の鰻店の開拓が進んでません。

そんな中「この辺なら、うな春さんが一番美味しいかな」っと地元の方(地元に詳しい)に教えていただき、足を運んだのがこちら、炭焼きうなぎ専門「うな春」さん。

場所はJR瑞浪駅から徒歩5分ほど。

五平餅で有名な魚徳さんの前を通って土岐橋を目指す道中にございます。

入り口の向こうにメイトさんが見えますね。

営業時間は午前11時半~昼1時半。午後5時~8時まで。

毎週月曜と第二、第四火曜日が定休日。

では、いざ入店!

 

カウンター、テーブル、お座敷。

店内は至って普通ですが、しっかりとテーブル席、お座敷、カウンター席と揃っています。

平日だからか、あまりネットやSNSに情報がないせいか、あまり混雑している雰囲気はありません。

一人でも全然入りやすいです。

まずは初来店。

席が空いていたこともあり、テーブル席を案内いただきました。

 

メニュー表(2022.12月)

うなぎ丼、うな重、ひつまぶしのほか、磯丼などちょっと変わった丼もありました。

エネルギー(カロリー)表示までされてますが、けっこうカロリーあるんですね。。

 

初来店は、うなぎ丼(松)をオーダー。

さほど待つことも無く、着丼。

 

 

蓋を開けると大きな鰻の蒲焼が鎮座。

いや~色と良い香りと良い。

さすが紀州備長炭で焼かれた鰻は、こんがり&ふっくらでとにかく美味い!

そしてまた脂を溜め込んだ冬の鰻は、夏と違って旨味が高いいい!!

 

特上と松は、鰻の量は同じです。

「こんなに美味しい鰻だったんなら、特上を頼めば良かったです~」とお店の方に伝えると、どうやら特上も松も鰻の量は変わらないとのこと。

違うのは、刺身と果物が付くかどうかの違いなので「うなぎをしっかり食べたいなら、うな丼(松)かうな重(二段)がベストですよ」とアドバイスを伝授。(今回は松でしのたので大正解)

 

でもやっぱもっと鰻、食べたい!

そう思った筆者は、日を改めてうな重(二段)を実食。

 

 

 

うわぁ~い!蒲焼のリアス式海岸や~♪

っと意味不明な言葉がよぎるほどに、このうな重の二層・・・もとい二段はテンションが⤴アガる!

 

あまり知られていないお店?

こんなに美味しい鰻店にも関わらずお客さんが少ない気がするんですが、もったいないなぁ。こんな美味しい鰻の店。

この冬、美味しいウナギは「うな春さん」おススメですよ。

 

え?ウパハルじゃないですよ。 う・な・春。

 

うな春

住所:〒509-6101 岐阜県瑞浪市土岐町36−15
営業:11時30分~1時半、17時~20時
定休:毎週月曜、第二&第四火曜日

電話:0572-68-3525
HP:http://xn--w0w51m.com/unaharu/

備考:駐車場多数、カード決済対応

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top