skip to Main Content

ランチメニューも始まった!新しくなった土岐市役所1階の左奥にカフェ「ほしのテラス」がオープンされてます!いわば、市役所ラウンジ。もちろん市民もご利用いただけます。

ら、ランチまで始まった!

今年3月にSNSにもご紹介させて頂きましたが、新しくなった土岐市役所内にカフェ「ほしのテラス」さんがオープンされています。

久しぶりに立ち寄ると、いつの間にランチまで始めらてました!

『あ、〇〇課の〇〇なんですが、ハンバーグ弁当ひとつ予約お願いします』といった具合に、市役所庁舎内で働く方は内線でランチを予約することもできるかもしれない。リーズナブル価格設定だし、なんて羨ましいんだ・・・

いままで、市役所すぐ裏にあるお好み焼き屋ファリーヌさんを”役所の御用達サロン”なんて、ちょっと冷やかし(うらやましい意味で)てた自分もいたんですが、まさにコロナ対策にもバッチリ。このシステムは絶対的だ。

もちろんどなたにもランチ注文は可能。ランチ注文の紙を書いてポストに投函すればOK。営業時間が短いので注意です。

今回は、献血ついでに立ち寄ってきた訳なんですが、それ以外にも新しいサービスがはじまってます。

お菓子が新しくなった。

マイタンブラー持参で、コーヒーの量が約1.5倍に増量となるサービス。

以前はオープンしてまだ日が浅かったこともあり、キャッシュレス決済の対応などが正直ぎこちなかった記憶があったものの、今となってはスタッフの手際がかなり良くなってました。

なんだかわが子の成長を見守るようなコメントすみません。(写真撮影許可もらってます)

市役所ってお堅いイメージが根強い気がしますが、ここは ”あんき”になれる場所。ほしのテラスへ一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

 

以下は過去記事

知らんかった・・・

新しくなった土岐市役所1階の左奥にカフェがオープンされてます。

さりげにオシャレ

 

”あんき”になれる場所。ここにありました。

正面玄関から見て左奥(文化プラザ方面)にあるんですが、なんとも開放的なラウンジに落ち着いた空間。

店内のダウンライト照明が、
まるでキラ「ほしの」
降り注ぐかのような「テラす」スペースになっています。

 

役所って用がなければ来ない場所だった

僕の中で今までの市役所=手続きする場所=用が無ければ行かない場所だったんですが、綺麗な場所だし、広い空間だし、お値段も安いしトイレも綺麗だし・・・

『別に役所に用事はないんだけど、ちょっと一息して行かない?』と言った具合に使えそうです。

就労継続支援B型(障害福祉サービス)

ちなみに、この場所は、いち企業のカフェとしてではなく、就労継続支援B型(障害福祉サービス)として運営されています。

優しい笑顔のお母さんに、可愛らしい女性店員さん、それに一生懸命にコーヒーを淹れる若手スタッフ。

寡黙に一杯のコーヒーを淹れてくださったのはハンディキャップをお持ちの方だったのか、よく分かりませんが、とにかく一生懸命なスタッフの姿を見て『働くとはなんだろうか?』を再確認することができました。


元来

”働く” とは、傍(はた)を楽(らく)にするという語源もあるそうです。自分以外に居る、傍(かたわ)らの人々を楽(たの)しく、楽(らく)にしていくために、”人”が”動”くことが働く。

コーヒーのCMにもありますが、【世界は誰かの仕事でできている】と言うように、今日ぼくがこの一杯のコーヒーを飲むことができるのも、多くの人々の仕事があり、それを提供するお店があります。

仕事を通じて、人と人が繋がり、自分ではない誰かの為に働くことの素晴らしさ、思いやりや慈しみなど、多くの感情や感性をこの場所の、コーヒー一杯から、ちょっぴり感じました。

営業時間が昼3時までですので、要注意です。

クッキーも売ってました。コーヒーは、紙コップと陶器の2種類から器が選べます。ここはもちろん陶器一択でしょ!

ほしのテラス

営業:10時~15時(土日祝定休)
場所:土岐市役所内
運営:社会福祉法人聖泉会ホーリークロスワーク
連絡:0572-51-5114
所在:土岐市泉寺下町2-2

Back To Top