skip to Main Content

【美濃加茂市太田町】美味しいトンカツ屋さんがあると聞いて、太多線・美濃太田駅の近くにある「寿々女(すずめ)」さんでボーノポークトンカツをいただきました。

美味しいトンカツ屋さんがあると聞いて、美濃太田駅の近くにある「寿々女(すずめ)」さんへ向かいました。

だいぶ長いこと、この場所で営業されているお店。

今まで、知る機会が無かったのですが、、、

こちらのYOUTUBE動画にて知り、気になって立ち寄りました。

割と地元ローカルで古くより馴染みのあるお店や、新しいお店なども紹介されてます。

ほかにも、店内の様子などを詳しく紹介されたYOUTUBE動画もありますので、当記事よりもこれらの動画をチェックした方が良さそうです。

ちなみに、店舗の駐車場は建物向かいに専用駐車場がありました。

店内はカウンター席のほか、小上がりテーブル席。

平日の12時前。店内は他客が1名のみでしたので、あれ?名店なんじゃないの?と少し疑ってしまいましたが、12時をすぎるとポツリポツリと客足が。

Googleマップのレビューなどでも開店同時に行列などの記事を見たので・・・

現在のおススメはボーノポークロース!

数か月前までは、美濃加茂市蜂屋で育てられた「蜂屋豚」を出していらっしゃったのですが、豚熱で現在は提供不可能な状態とのこと。

ただ、このボーノポークの豚種となる「ボーノブラウン」は、美濃加茂市で誕生されたものとのこと。

瑞浪市が市を挙げてプロモーションしているので、てっきり瑞浪市で誕生したものだとばかり思っていました。

ボーノポーク以外の定食メニューはこちら。

ほか単品メニュー。

っという訳で、定番のボーノポークロースかつ定食をオーダー。

 

細めに切られたカツ。

頂き方を店主が教えてくださいましたが、

まずは、塩とワサビでいただく、次にカラシを付けて味噌ダレで。

ボーノポークの霜降りがいかに優れており、全国的にも人気な訳がこちらの断面で分かります。

一口食べて、甘味と旨味が全然違う。

瑞浪市内でも、これほどのボーノポークカツが食べられるお店ってあったっけ?

美味しいカツでしたので、もっと食べたいと単品で通常のヒレカツをオーダー。

こちらはソースにて頂きましたが、ボーノポークとは違ってしっかりとした肉質。

岐阜県でメジャーな豚を使われているとのことでしたが、やはりボーノポークに軍配があがりますね。

店内にはローカル局からクリスグレンさんまで来店。

他にも多数の有名人、メディアが足を運ばれている様子です。

美濃加茂ビアーとな。

最近ご当地クラフトビールが盛んですが、車の運転があるので意外と飲む機会が少ない。。。

梨ホワイトエール気になるなぁ。

なお、カウンター席の向こう側に掲示されていたものが良いなと思った。

「平日からゆっくりと美味しいトンカツが食べれて良かった」

「自分は運が良い、ツイている」

「今日も元気で幸せだ」

普段から、少し馬鹿になれるくらいポジティブに生きたい今日この頃。(根がけっこうネガティブ人間なので)

美濃加茂市は、東西南北の地区にて見る景色、町の雰囲気がだいぶ違う。

一方では田園に囲まれた山之上町や蜂屋のようなエリア

一方では拡張された国道沿いに大型店舗が立ち並んで栄えたエリア

そして一方では、歴史街道や昭和のままの古い建物が残るエリア

これまでの人生で美濃加茂市、美濃太田という場所に足を踏み入れる機会がなかっただけに、魅力的に感じるスポットも多い。

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top