skip to Main Content

【栗が好き。】でお馴染みの中津川市付知町・栗cafe ISSADOさんで、モンブランのパフェ ”モンぱふぇ” を頂きました。

収穫の秋。栗の秋。

まだまだ酷暑がやまない9月。

でも季節は暦で言えば、秋。そう収穫の秋、そして栗の秋。

「栗が好き。」でお馴染みの中津川市付知にある 栗カフェ ISSADOさんへ立ち寄ってきました。

栗の渋皮煮が丸ごとゴロっと入ったモンブランパフェ=モンぱふぇ。

お店では、「賞味期限3分」の究極のモンブラン=栗きんとんモンブランが代表ですが、その他にも抹茶や芋などのモンブラン、パフェ、ソフトクリーム、とバリエーションがありました。

という訳で、モンブランも気になったのですが、気温30度を超える日でしたので、パフェを頂きました。

うぉ~すごいディティール。

こちらのモンブランパフェ=もんぱふぇは、栗のモンブランの下に栗の渋皮煮、アイスクリームの三重奏。

サラリと軽いモンブランの糸を落とさないようにそーっとスプーンを突き刺しましたが、ちょこっとこぼれましたね。

パフェにも栗の渋皮煮がカットされて入っています。

スイッチ、花咲かタイムズ、キャッチ、ドデスカ・・・

東海地方のニュース番組をほぼ総なめで紹介されています。

この投稿をアップした日に、ちょうどドデスカで紹介されたみたい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

安藤渚七 Nana Ando(@nana_ando)がシェアした投稿

 

注文カウンターのショーケースに、スイーツのサンプルがずらりと並んでいました。

ふるさと納税全国46万品の頂点に輝いた一品。

お重の栗きんとんモンブランも、ここで買えるようです。

さてさて、そんな栗カフェISSADOさんの店舗は、国道256号線沿いにあります。

愛知県や滋賀県などの他県ナンバーがほとんど。

ランチを終えた後に伺ったのですが、平日ともあってか少し並んだだけで済みました。

イートインできるテーブル席やカウンター席がありますが、土日は混雑しそうですね。

至る所に写真撮影スポットがあります。

こうした”魅せ方” ”撮らせ方” というスポット演出も、話題性と拡散性の秘訣ですね。

駐車場は店舗隣に少しありますが、国道沿いの少し離れた場所に広い第二駐車場もありました。

駐車場入り口前に交通整理の方も常駐されているようで、あまり迷うことはないかも。

ドッグランも併設されていますので、ペットと一緒に来店も◎

カウンターの奥で、三代目店主・田口温基さんの姿も見られました。

ちなみに、栗カフェISSADOさんは店舗すぐ隣にある和菓子店「一茶堂」さんのカフェスタイル。

赤字経営だった和菓子店をどうにかせねばと立ち上がった三代目の挑戦が見事ヒット。

ここに至るまでに、さぞご苦労されたかと思いますし、多くの方に支えられたかと思います。

 

「栗が好き。」

そして「ここに来てくださった皆さんが好き。」

すべての人に感謝の気持ちを忘れず、三台目の奮闘は続くことでしょう。

店舗Instagram:
https://www.instagram.com/kuricafe.nakatsugawa

※ペイペイ対応

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top