skip to Main Content

多治見市金岡町・スープカレー専門店 瀬城商店さんでモーニングスープカレー!スパイス検定1級、薬膳検定1級、スパイス香辛料ソムリエの店主が作るコクと香りと味わいの素敵な逸品です!

「朝スープ、はじめました。」

今年1月に初来店した「瀬城商店」さんが、なんと4月1日よりモーニングスープカレーを始められたとのこと。

4月1日と言えば、エイプリルフール。

さすがに、冗談かな~なんて思ってたらホンマでした。。。

「朝スープ、はじめました。」まるで、「冷やし中華、はじまりました。」のような軽さを感じますが、早朝から仕込んで朝~夕までスープカレーを提供されると言うのは、仕事的にもかなりハードなはず。

「これは本気だ。」そんな思いで、朝9時、通勤ラッシュをすり抜けてお店に到着。

 

朝8:30~食べられるモーニングスープカレー開始!

朝8時半~10時まで提供される朝限定モーニングメニューは、ランチとはまた違ったラインナップ。

3種類のスープカレーから選択可能で、ライスとドリンクがセットになります。

 

現在、朝9時すぎ。

朝一番の8時半に向かおうとも思いましたが、さすがに通勤ラッシュの混雑を避ける為、すこーしだけずらして到着。

朝のテレビ番組を見ながら、スープカレーを待つのも乙なモノ。

さすがに、他の来客はなく別室も見学させていただきました。

 

ほどなくして、料理が到着。

モーニングスープカレーは、ランチよりも量が少な目に抑えられているとのことでしたので、スープ増しトッピング。

ソーセージエッグスープカレー(1辛)、ライスLサイズ、トッピング(スープ増し、ハッシュドポテト)ドリンクは烏龍茶。

トッピングの中には、朝しか提供されないものもあるとのことです。

ハッシュドポテトもその中の一つ。

朝から元気にスープカレー!

 

 

ランチと同じように野菜ごろごろ、ソーセージは肉肉しくて、食べ応えあり!

これからどんどんと気温も上がっていきますが、暑い日こそスープカレーおススメです。

 

ザンギ=唐揚げの販売もはじまりました。

ザンギエフを思い出す。

今回はテイクアウトで9個、一緒に家族のスープカレーもテイクアウトしました。

国産若鶏使用で、柔らかくてジューシー。

 

 

同建物で、焼肉もできるみたい。

4~8名様で、15000円税込み。食べたいなぁ。。。

スープが売り切れ次第終了となります。

「完売」の看板が用意されるほど、売り切れ続出の人気店。どうぞお早めに。

 

 

以下、初来店の2023.1.12過去記事。

 

 

2022年9月30日オープンのスープカレー専門店

先日お会いしたレストランシェフから「多治見で美味しい焼肉店で ”瀬城(せしろ)”っていうお店が以前まであって、最近スープカレーのお店をはじめられた」と教えて頂き、さっそく来店!

 

場所は、多治見市金岡町。

多治見インターから車で5分程の幹線から一本入った住宅地。

正直、この辺の道に詳しくなかったのですが、Googleマップにも地点登録されているものの、周辺の住宅地と混在して危うく通り過ぎる所でした。(もしくは違うお家に入ってしまいそうでした)

シャトレーゼの近くになりますが、お店の向かいには、山崎接骨院さんがあります。

建物外観は、一見してスープカレー専門店とは思えない和の建築。

駐車場が建物前に2台と、少し離れた場所に2台ある様子。

店内の席数から考えて到底足りないであろう駐車場の数ですので、お店側からも徒歩推奨とされています。

 

朝起き、8ビートでジャンプ!スープカレー食べに起きなくちゃ!

っと言う訳で開店11時よりも15分前に到着。

さすがに誰も待ちはおらず、駐車場もなんなく停められました。が外で待つのは寒い。。。

待っている間に看板のメニュー表などを撮影。

スープカレー専門店なので、メニューはスープカレーオンリー。分かりやすくて良いです!

まずはスープカレーの種類を選びます。

この時点で、ハンバーグスープカレーを食べることは決めてましたが、焼きトマトチーズスープカレーも気になりますね。

次に、ライスの量を選びます。

ライス無し、S~Mサイズは料金に変動無し。ライスは、十六穀米となります。

そして、辛さの調整、トッピング、ドリンクと選んで行きます。

入り口にも駐車場の案内が掲示されています。

こうした掲示ってなかなか飲食店さん側からやって貰えないケースが多いので助かります。

 

時刻は11時、開店です。

店内から女性スタッフさんが出て来られ、案内して頂きました。

素敵な和建築の建物。

玄関はいってすぐに暖炉があり、建物内はじんわりと温かいです。

 

土間カウンターテーブル4席

今回は一人利用。通された席は日当たりの良いテーブル席。

壁面にテレビが付けられています。

ちなみに、スープカレー専門店 瀬城商店さんは以前、厚切焼肉 瀬城としてすぐ近くで営業されていました。(現在は閉店)

事前予約が必須で、人数4名以上~など条件が合えば、この席で焼き肉も提供可能とのこと。

こちらは閉店した厚切焼肉 瀬城さんの地図。

閉店前に一度足を運びたかった。。。現在の店舗からすぐ近くですね。

 

 

小上がりテーブル6卓(24席)

奥側には小上がりテーブル席があります。

 

メニュー表(2023.1.12時点)

公式Instagramを拝見するに、スープカレー専門店をオープンするにあたり、アーユルヴェーダ・スパイス検定1級、薬膳検定1級、スパイス香辛料ソムリエなどを身に付けられて開店された様子。

食への強いこだわりを持たれる方だと察します。

スープカレー専門店 瀬城さんInstagram
https://www.instagram.com/seshiroshoten/

 

 

地域情報誌にも掲載されてたそうですが、残念ながら土岐、瑞浪エリアの「らせる」には掲載されてませんでしたので知るのが遅れました。

 

森羅万象、美味しそうなスープカレーが到着!

「ご注文をいただいてから調理に入る為、ご提供までにお時間をいただきます。」と書かれていますが、朝11時開店同時だったこともあり待たずにスープカレーが到着!

いやもう見るからに美味しいって分かります。

器も美濃焼が使われていますね。

 

今回は、ハンバーグスープカレーにライスLサイズ、2辛、スープ増しオプションをつけてオーダーしましたが、ハンバーグを沈めると「ちゃぽん」っと音がするほどスープいっぱい!

 

2辛では、辛さを感じるほどではないので、辛いのが苦手な方でも大丈夫ですよ。

前店舗の厚切焼肉 瀬城さんからの強みである良質なお肉の仕入れは、こうして和牛100%ハンバーグとして今に活かされていますね。肉肉しくって美味しかったです。

鶏や豚、野菜、果物、海産物を使用したスープに、数十種類のスパイスで仕上げたスープカレーとのこと。たぶん薬膳系も入ってるかな。

コクもあり、香りも良く、飲めば体の芯からあったかくなっていきます。

よくあるスープカレー店だと、スープが少なくてご飯が余ってしまうケースって少なくないように感じますが、瀬城商店さんでは、スープたっぷりでご飯が余ることがなさそうです。

普通量のスープでも満足でしょうが、特に寒い真冬は身体を温め、真夏には夏バテを防ぐことも期待できるかなと思います。ぜひスープ増しをおススメします。

ライスは十六穀米。

もちっとしたお米はスープカレーと相性ばっちりだと感じました。

そして、添えられたフライドガーリックと一緒に食べても善し。

カットレモンを絞り、スープカレーと共に食べれば、酸味がまた良い感じに味変を楽しませてくれます。

 

ゴッロゴロのでっかいお野菜!”

提携の八百屋さんから仕入れているというお野菜ゴッロゴロ!

こちらは焼きカボチャ。

新鮮で美味しい野菜は、かなり大きくて食べ応えがあります。

大根もご覧の通りビック!

人参もキャベツもピーマンも、どのお野菜も美味しくてスープカレーにぴったりです。

 

テイクアウトも対応されてます。

なんとお店には電話番号がなく、テイクアウトは店頭にてオーダーするスタイル。

家族の為に、ベジタブルスープカレーをオーダーしましたが、自分が食べ終わる頃に「お作りしていいですか」とスタッフさんがご配慮くださり、アツアツの状態で持って帰れました。

夜営業は比較的に空いていて、テイクアウトもお得なサービスがある様子です。

 

スープカレー専門店 瀨城商店 本店

住所:岐阜県多治見市金岡町2-87-3
営業:8:30〜17:00(L.o16:00)
定休:主に月曜日、火曜日
※Instagramをチェックされると間違いありません。

SNS :https://www.instagram.com/seshiroshoten/
電話:ナシ

決済:現金、カード決済、ペイペイ対応

駐車場は店舗前に2台、道の斜向かいにあるエピサラームパーキング①②⑤⑥が使用可能

※完売次第終了、全席禁煙、テイクアウトは店頭にて受付可能

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top