skip to Main Content

多治見市本町・ながせ通りにある蕎麦屋「蕎亭う月」さんで玄挽き十割ざるそばを食す。昼は蕎麦屋で、夜は酒と肉料理のお店。

こんにちは、ブラやまだのお時間です。

「美味しいお蕎麦屋があるよ」と、地元グルメに詳しい方に教えていただき、多治見市ながせ通りにやってきました。

それにしても、「やくならマグカップも」推しがすごいなぁ。。。

 

蕎亭う月(きょうていうづき)に到着。

多治見駅方面の東濃信用金庫本社側から、ながせ通りを入って割とすぐ、蕎亭う月(きょうていうづき)さんに到着しました。

昼はお蕎麦・押し寿司のお店で、夜はお酒や肉料理なども食べられるという可変型飲食店。

夜の部では、蕎麦のみの提供はしておらず、20時以降になれば〆料理としてお蕎麦の提供が可能になるというトリッキーさ。

かなりこだわりの料理がある感じです。

平日昼12時半過ぎ。

もう美味しい蕎麦を食べる気満々です!

ちなみに駐車場は、店舗手前にあるMAYパーク駐車場が便利。2時間も無料です!

上の張り紙に書いてあるのはおおきく分けて2点。

  1.  一人で営んでるので時間がかかる場合があるよ
  2.  静かな店内なので、小さいお子様はちょっと良くないかも

っと言った具合。

②に関しては、結構大人向けのお店には多い傾向。

店内にクラシックやジャズが流れていたり、一人で来て空間自体を楽しむお店だとお子様がオギャーっと泣くと気まずいかも(お客さん同士が)という配慮。

実際に、店内はぼく一人だったし、ピーク時間は過ぎていたので小さなお子さん連れの親子も入って食べてました。

 

 

カウンター8席のお店

ちょっと前説がながくなりましたね。入店するとカウンター席のみのお店でした。

落ち着いた大人ムードなジャズが流れていた気がしますが、途中から福山雅治さんの「桜坂」に切り替わったのは、きっとそのお子さん連れのお客さんを想ってのことかもしれません。ちょうど桜坂世代でしたし。

お店は一人ずつ、しっかりと対応されている様子。

出来上がった料理をお客様にお出ししてから、次のお客さんのオーダーを聞くなど ”アレコレ同時に手を付けず、一つ一つを丁寧に” といった感じに見受けられました。きっと大将の血液型はA型だと思います。←??

 

メニュー表(2022年3月)

とにかく美味しそうな料理ばかりで迷いに迷いました。

下のメニューからだと「白えび天バラ」¥1000円を皆さん良くオーダーされてる感じです。

下のメニューだと、仙台牛にぎり寿司 二貫で1000円。

温かいお蕎麦

名物 上アナゴ1本 天ぷらざるそば¥2200円

グラム単位でのお肉の販売もある様子。

うわ~もう、どれも美味しそう!ぜんぶ食べたい!

 

っという訳で、手始めに、仙台牛にぎり寿司をオーダー。

んー♪いいお肉。下呂温泉の温泉街で食べた飛騨牛よりも、もう少し身が絞まっててます。

お次は、白えび天バラ+名物 上アナゴ1本 天ぷらざるそばのアナゴが到着!

まずはそのまま食べて、次に岩塩でいただきます。

ふわっとした軽い味わい。塩でいただくのがベストです。

アナゴは、お汁をつけていただきます。

お蕎麦が到着しました!

+250円して玄挽き十割蕎麦に変更。

うむ、美味しそうだ。。。

艶といい、香りといい。

写真を撮っていたらカウンター上の照明をつけて、綺麗に写真が撮れるようにしてくださいました。

一見して気難しいような大将に見えるかもしれませんが、そんなことはなく、丁寧な仕事と気配りができる方のように感じました。あと余談ですが、テレビで見るエヴァンゲリオンの庵野監督に、なんとなく雰囲気が似ていました。←??

いざ実食!

 

最初はそのまま食べる、次に塩で、次にお汁をつけて、薬味とワサビ、テーブルの上の七味2種類をふりかけて・・・食べ方を変える度に、味わいに違いが出て楽しい。あまりにも美味し過ぎて、箸が止まらず。

黙々と食べていたら、あっと言う間に完食です。早くに食べて、早くに立ち去る。。。次に待っているお客さんを考えての思いやり? これこそ蕎麦を食べるマナーなのだと思いました。

蕎麦を完食し、蕎麦湯をいただきます。いや~美味しかった!

次回は夜営業にも立ち寄ってみたいところだけど、ながせ通りは美味しそうなお店がいっぱい・・・ほかのお店も開拓したいし、次ここに来れるのはいつになるやら・・・。

 

 

蕎亭う月(きょうていうづき)

住所:〒507-0033 岐阜県多治見市本町3丁目57
電話:0572-22-2520
営業:11時30分~14時00分
定休:火曜日

備考:現金、Gotoeatぎふ対応

駐車場は、店舗すぐ裏にある
MAYパーク多治見ながせ 駐車場(2時間無料)がおススメ

 

各種SNSでも並行発信中。

東濃ローカル情報のご参考にお役立てください。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

岐阜県東濃【初】のご当地VTuber!

岐阜県東濃【初】のご当地バーチャルユーチューバー!
とある美濃焼の付喪神「凹うつわ」さんと共に、土岐かけプロジェクトを展開しています。

Powered by

Back To Top