skip to Main Content

多治見市虎渓町・からみそラーメンふくろう多治見店へ二度目の来店。新ラーメン店開業ラッシュの中、ラーメン好きなら見逃しできない濃厚味噌の辛旨スープ。汁まで美味しく頂けます!

地元はラーメン新店ラッシュですが、抑えておきたい「からみそラーメン」

古民家、鶏白湯、べコトン、雲吞麵、味噌野菜・・・ここ1年で多くのラーメン店がこの地元にオープンされていますが、多治見市虎渓町にある「からみそラーメンふくろう」さんも忘れちゃいけない人気店。

 

2021年7月オープンの「ふくろう」さん。

かくいう「からみそラーメンふくろう」さんも、その新店ラッシュの波に乗って多治見市にやってこられたラーメン店。

オープン当時すぐに向かいましたが、昼1時過ぎでもほぼ満車状態でした。

店舗下の第一駐車場が4台くらいなので、ここが満車なら第二駐車場を利用すると良いでしょう。

2021年2月。再訪問。

この1年でも色々なラーメンを食べてきたが、やっぱりふくろうさんの辛みそが食べたくなってしまった。濃い目の味が食べたくなるのは、筆者自身もまだ若い証拠なのかね?

昼を食べ逃しそうになった2時。

有難いことに昼2時半の営業時間ギリギリまでラストオーダーで助かりました。

入り口を抜けるとまず階段。

少し急な階段ですので、足の不自由な方はご注意ください。

2階へあがると、キッチンとフロアに着きます。

入ってすぐ手前、席待ち用のテーブル席が2席、満席時はここでメニューを見ながら待ちました。

間隔をしっかり保ったカウンター席もあります。

広めのテーブル席も。

テーブルには、こしょう、味の調整用の昆布酢。そして除菌液が設置されています。

 

メニュー表(2022.2時点)

からみその量を調整することで、辛さが変わります。

辛いのが苦手な方は、0~1辛がおススメ。まぁ普通に大丈夫な人なら2~3。辛いのが得意な方は4以上をチョイスされると良いと思います。

期間限定っぽい、中華そばもありました。すごくそそられましたが、ここはやっぱ「からみそラーメン」に決めた!

 

ほどなくして、からみそラーメン到着!

レジオペレーションもそつなく、からみそラーメン全部のせが到着。写真は麺大盛にしています。

 

からみそラーメンの食べ方は色々。

  1. まずはそのままスープを味わう。
  2. 麺を味わう
  3. からみそを溶かして辛さを調整する
  4. 辛みそを麺に乗せて食べる

 

からみそラーメンが到着して、すぐに辛みそをかき混ぜるのは、ちょい待った。

お店が薦める食べ方通り、まず辛みそを混ぜないマイルドなスープを味わい、麺をすすってもらいたい。

全部のせの具は、お好きなタイミングで投入OK

どばーっと全部入れるより、一つ一つ入れて行った方が味を楽しめます。

一通り、スープと麺を楽しんだら、いよいよ中央に鎮座する辛みそを”ちょこっと”溶かして味見しましょう。

写真は3辛ですが、一気に溶かすとけっこうな辛さです。

 

こちらの麺は通常麵。ツルツルっと食べられるスタンダードな麺です。

下の写真は、札幌麺。

+50円で太い縮れ麺「札幌麺」に変更が可能ですが、だいぶコシと縮れを感じる麺

 

平日ランチタイムは、小ライス無料

ラーメンを食べ終えたら、残ったスープに追い飯として小ライスを投入されると良いでしょう。

ちょっとした旨辛雑炊飯が味わえます。

3辛だと、ジワリジワリと汗ばむほど辛さがありました。

 

味噌は健康にいい!

店頭のメニュー表の他に、色々な資料があります。混雑時の待合時間にもぜひご覧あれ。

 

初回訪問時。

辛みそラーメン全部乗せ(札幌麵に変更)

 

 

からみそラーメンふくろう多治見店

住所:〒507-0026 岐阜県多治見市虎渓町2−45−2
営業:11時00分~14時30分、17時00分~20時00分
定休:毎週火曜日
電話:0572-26-8404

食べログ:https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21020413/

Instagram:https://www.instagram.com/fukuro_tajimi/

備考:駐車場有、PayPay対応

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top