skip to Main Content

【2022年春、大幅リニューアル予定】やっぱ冬は温泉やて!出川哲朗さんの充電の旅にも紹介されました、瑞浪市釜戸町にある白狐温泉 今井屋旅館さんの家族風呂は¥500/人で貸切OK。 建物は古いですが、源泉オンリーの泉質は格別。

朝起きたら、外は白銀の世界。

っという訳で、雪が舞い散る今日この頃。

ここ岐阜県東濃地方の最高気温も10℃を下回る真冬に突入し、朝起きたらマイナス2℃なんてザラ。肥田緑地公園もご覧の通り、白銀の世界でございます。

 

そうだ、温泉にいこう。

で、こうも寒いと行きたくなるのが、大地の楽園・・・そう、温泉!

 

皆さんのお住まい、すぐ近くに温泉がありますよ

実は、この東濃地方にも数多くの温泉地があるってご存じでしたか?

例えば、土岐市だと、柿野温泉、曽木温泉、山神温泉、よりみち温泉。

瑞浪市だと鬼岩温泉、白狐温泉、稲荷温泉。

 

観光客の宿泊先としての温泉旅館が多いですが、中には日帰り入浴に対応されている温泉や、銭湯のような秘湯の温泉もありますので、温泉に行く=旅行先や宿泊先のイメージではなく、普段使いできる温泉なんて言うのもあったります。

 

 

白狐温泉にやってきました。

っと前置きが長くなりましたが、連休最終日は家族揃って温泉に入りたく、土岐市中心地から車で18分の場所にある瑞浪市釜戸町・白狐温泉 今井屋旅館さんにやってきました。

 

出川哲朗さんも訪れた場所。

ここは、出川哲朗さんの充電の旅で、メンバーが宿泊もされた場所。

なんと貸切温泉があり、事前予約で入浴が可能です。家族風呂は¥500/人で貸切OK。小学生以下は無料でしたので、夫婦と子供で1000円ジャストで入れました。ペイペイ利用可能。

玄関の先に広いロビーがあり、ここで受付を行います。お店の方の接客も気持ちよく、安心して温泉をお借りすることができました。

写真撮り忘れましたが、出川さんやデヴィ夫人など有名人のサイン色紙が飾ってありますよ。

受付を済ませ温泉へとつながる階段を下ると、ビニールで覆われた部分がありますが、なんと2022年春ごろに大幅リニューアルオープン予定とのこと。(ウッドショックやコロナの影響で予定がズレる可能性もあるとのこと)

大浴場、木曽ひのき風呂、展望テラス露天風呂、ロウリュウサウナ、シャワーブース、ベッドスペースなどと、大変身が期待されます!

階段を降りると、家族風呂に到着。

脱衣所は、タイル床でしたので、温泉に入る前という事もあり、だいぶ冷えました。暖房はセラミックヒーター1台だけ。値段が値段ですが、ここの場所だけもう少し温かくて床が畳だったりしたら嬉しいですね。(何はともあれリニューアルで改善されるかと)

洗面台もかなり年季が入っています。ターボドライヤーも使えます。

貸し出し用タオルはある様ですが、コロナ禍もありますし、使い慣れたバスタオルを自宅から持ち込みました。

 

源泉かけ流しの泉質は別格!

っとまぁ、建物は古いですが、源泉かけ流しの泉質は格別。 熱々のお湯ではなくちょうどいい加減なので、ゆっくりお湯につかれます。

加水はありませんが。源泉のみ!

温泉分析書。手振れして読めなくてすみません。

白狐温泉の開湯は江戸時代中期で、白い狐が温泉湯で傷を癒しているのを見かけたと云われているそうです。

窓ガラスの向こうには、山々が見渡せます。

シャワーからはちょっと硫黄の匂いがする温泉がドバドバ。シャンプーなどもありました。

食事を別の場所でして、お昼2時過ぎに温泉に入って帰宅しましたが、夜になっても身体がポカポカ!

洗髪もしたせいか、重く感じていた身体が軽くなりました。

自宅からだと15分ほどで行けちゃいますし、何より家族揃って温泉を貸切できちゃうなんて有難い。しかも一人500円税込。

リニューアルしてお風呂が追加されたら絶対にまた家族で行こうと思います!

 

釜戸町観光と併せてぜひ

この冬オープンされた釜戸町のクラフトビール工房「カマドブリュワリー」さんのビアバー「ハコフネ」さんにもそれなりに近い場所になります。

ぜひ釜戸町観光と併せて、日帰り入浴をお楽しみいただくなんてのもおススメですね。

 

白狐温泉 今井屋旅館

住所:〒509-6472 岐阜県瑞浪市釜戸町814
電話:0572-63-2013(日帰り入浴は事前電話予約)
なかなか電話に出られないタイミングもありますので、時間をおいてかけ直すと良いでしょう。

備考:専用駐車場有、ペイペイ利用可能

国道19号線沿い「みわ屋本店」さんの次の信号を曲がるとスグあります。

場所が分かりにくいですが、マップを頼りに行かれると便利です。

 

下記サイトにも詳しく開設されています。
https://tounou-onsen.com/byakko-imai/

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top