skip to Main Content

原点にして頂点、そして記憶に刻まれたノスタルジックな昭和の味。2021年、何度も行ったな~と思い返すのが土岐総合病院下にある定食屋「ひさ美」さん。

「何でもない、古い定食屋さん」

っと表現をしてしまうのは、とても失礼ですが、ぼくにとってそれが一番愛を表現できる言葉だと思う。

普段使いができる昔ながらの大衆食堂こそ、その地に住まう人々と共存し、愛され続けている証明なのですから。

※当記事の写真には新旧混在しています。

 

 

今年よく通った飲食店。

っという訳で、2021年も数多くの地元の飲食店を食べ歩いてきましたが、その中でも「何度も行ったな」っと思うのが土岐総合病院下にある定食屋「ひさ美」さん。

ラーメン店「アヒル家」さんと、2021年オープンした「とんちゃんハウス」との間にあるビルの1階にお店はあります。駐車場は、このビルの前の敷地すべてです(坂道になっているので、出入りがすこし難ですが)ので結構広いです。

看板には「釜めし、味心」の文字が白塗りで消されています。現在、ひさ美さんに釜飯のメニューはありませんが、以前は釜飯の提供もされていたのかもしれませんね。

店名の下「ブラジリアン」の文字は、ブラジリアンコーヒーのメーカー名がかかれていると予測されてます。

よくあるじゃないですか「ダフネ」とか「サッポロ」とか店舗看板の隣にコーヒーメーカーやビールメーカーの名前を入れるアレだと思います。(看板にメーカー名を入れることで、看板制作代をメーカーが肩代わりしているとか)

 

”どれを食べても外さない”

なんて言うと「どれも別に不味くない」みたいな言い方になってしまいますので、言い換えます。どれもボリュームが多めで普通に美味しい。

 

今年3月に食べたカツスパ定食は、圧倒的なボリューム感。さすがに白飯まで食べ切れませんでした。

 

カツスパ定食は食後のコーヒーがセットで1050円。

昔ながらの鉄板に卵を敷いたイタスパの上に、どっさりトンカツが鎮座。

定食なのでライスに味噌汁、小鉢と漬物・・・かーなーりお腹が膨れました。これだけ食べると午後からの仕事も(カロリー消費兼ねても)がんばらなければと思えるガッツ飯。

 

6月は、ラーメン&チャーハン

ラーメンと言うよりも中華そばと言った具合の素朴な味で、チャーハンも家庭的な味。

余計な具が入っていないパラパラチャーハンで美味しかった~。単品でオーダーしたこともあり、今回は丁度良い量。食後のコーヒー(別注文)までお腹が「うぷっ」っとなることなく食べられました。

 

 

インディアン定食&味噌カツ定食

家族で来店。行こうとしていたお店が軒並みNGで、たどり着いたオアシスがひさ美さんでした。閉店前のギリギリに入店したのに、優しく迎えてくださり、子どもにお菓子までくださいました。

インディアンは、カレーのかかったスパゲッティを意味しますが、以前のカツスパ定食同様に結構なボリューム。嫁さんは、味噌カツ定食でしたが、さすがに食べ切れなかったですね。。。

あとこの日は、新米ごはんですごくモチモチしてて美味しかったです。

 

日替わりランチ定食¥550-税込み

伺った日の日替わりランチが焼きそば定食でした。

日替わりランチは¥550円税込みと、とてもリーズナブルですが、通常の焼きそば定食(800円)になると焼きそばは鉄板で出され、ミニコーヒーがセットになります。差額は250円。

焼きそばは、懐かしい味でした。今は無き、土岐市駅前商店街にあった「ひでよし」さんの味を思い出します。

食後のミニコーヒーは、膨れた胃袋の回復と消化促進をしてくれます。

ちょうど良い、デミタスカップサイズ。柿ピーもついてきます。

 

メニュー表

おすすめは定食メニューですがボリュームを考えますと単品がセーフティかも。

 

ちなみに、単品ホットコーヒーは、通常サイズのしっかりとしたコーヒーが出されます。

ブラジリアンコーヒーの芳醇な香りをお楽しみいただけます。

 

原点回帰の焼うどん

ひさ美さんへ初来店は数年前。「焼うどんが美味しいよ」と教えていただきオーダーしたのを覚えています。

ここまで、焼きそば、中華そば、チャーハン、インディアン、カツスパと食べて来たので、一旦原点回帰の焼うどんを有言実行オーダーしました。

熱々の鉄板で出されるイタスパ風の焼うどんは、きょうび話題となる大盛でも、映えでもなく、コレといったインパクトはありません。

がしかし、素朴な味だからでしょうか。

毎回違うメニューをオーダーしても、何度別のお店に浮気をしてしまっても、やっぱりこの焼うどんに立ち返りたくなってしまう味。

 

(ここからの話はつまらないです)

 

私情で恐縮ですが、およそ35年ほど前。昭和の頃のやまだ少年の話です。

土岐市泉仲森町の井野川沿い、木村製陶所という窯業の工房前に『佐藤』という小さな定食小屋がありました。(下の航空写真の中心地点)

1989年(昭和64年)・泉町周辺の航空写真

 

昭和の幼き頃の記憶

カウンター席の向こうで、おばあちゃんが丼ものや中華そば、焼うどんを作っていた記憶が今でも薄っすら残っています。

幼き頃のやまだ少年は、共働きの親に代わって独り、そこで焼うどんと、お茶漬けをよく頼んでましたね。うろ覚えですが、お茶漬け150円。焼うどん300円とかそんな時代だったと思います。

そーいや、毎週土曜の昼12-13に店内のテレビで放送されていた『独占!女の60分』と言う番組がすごく刺激的だったな。。。

 

記憶に刻まれた焼うどんの味。

話がだいぶ脱線してしまいましたが、その佐藤さんが作ってくれた焼うどんの味が、きっとこの「ひさ美」さんの味に近いのだと思う。

言い換えれば、記憶に刻まれた焼うどんの味。

まぁ何十年も前の話なので曖昧ですね。

年の瀬と言うこともありますが、皆さんの想い出の味、忘れないようお店に足を運ぶ年末年始もいいかもですね。

 

追伸、定食屋「佐藤」さんについて知ってる方が居たら、こっそり教えて欲しいですね。まだご存命なのか、今何をしていらっしゃるのか、良い節目なので知りたいです。

 

ひさ美

〒509-5122 岐阜県土岐市土岐津町土岐口1−7
11時00分~14時00分、17時00分~19時?20時くらい?
定休:月曜日

電話:0572-54-9988
備考:現金のみ、店舗前に駐車場有

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top