skip to Main Content

【新店】多治見市宝町・大衆うなぎ炭焼 源 さん。ヒア カムズ ザ ニューうなぎ屋! うな丼¥1200円~ リーズナブルな価格でボリューム感のあるカジュアルうなぎ屋の誕生をここに見た。

多治見うなぎ店の夜明けぜよ!

「冬の鰻は脂がのってて美味い」ということは周知のこと。夏バテ予防や土用丑の日から鰻は夏の食べ物だと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、一番の旬は寒くなって来てからだと聞きます。

そんな冬に向かい気温の下がる11月12日(金曜・大安・天赦日)に、多治見市宝町のあのグルメ激戦区にうなぎ屋さんがオープンされました!

場所は、多治見市宝町にあるレオパレス宝の1階。この建物内には牛まぶし等で人気の黒家さん、漢方ラーメンが評判の渡辺さん、串焼きくしもんずさん&雲吞麵(わんたん)ラーメンのたゆたふさん、などなど多くの人気店が軒を連ねる場所。

 

11月12日は良いお日柄

11月12日金曜日は大安であり、天赦日。

天赦日(てんしゃび)とは、四季の中で1日ずつある吉日。この日はすべての事がうまく行くと言われていますので、多治見うなぎ業界に革命を起こすにはうってつけの日ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大衆うなぎ 炭焼 源(@unagi_gen)がシェアした投稿

 

カウンター席、テーブル席のレイアウト

軒先で消毒をしていざ入店。店内は広めのカウンター席とテーブル席が並んでいます。座敷席は無い様子。とにかくスタッフの数が多くて驚きました。あとイケメン男性と可愛らしい女性店員さんが多いです。

こんな感じで隣席と分けられています。

カウンター席は感覚の持たされた席ですので、ランチ、ディナー関わらず一人で食べるのも抵抗ありませんね。

時刻は、オープン直後の16:30過ぎ。

ちょっと早めのディナーで来ましたが、テイクアウト注文の方がとにかく多かったです。オープンしてまだ宣伝活動がこれからの様子ですので、来月には・・・いや来週には混雑間違いない気がします。

店内入ってすぐ右側にちょっとした半個室のテーブル席がありました。

 

とにかく安くてボリュームのある大衆鰻店!

鰻=高級品 とはいつから定着したのか分かりませんが、そんなイメージを打破するかの如く、彗星のように現れた「大衆炭焼うなぎ源」さん。うなぎ丼1200円(税別)~とリーズナブルな価格設定です。

 

店舗公式Instagramより
https://www.instagram.com/unagi_gen/

【大衆価格】設備投資を必要最低限まで抑えた運営費削減 メニューを絞る事での仕込みや営業などへの人件費削減など、様々なコストを見直して価格にて還元いたします!(店舗公式Instagramより転載)

店舗公式Instagramより転載

 

【活鰻炭焼】季節や時期に応じて状態のいい活きたうなぎを全国から仕入れます。 炭火での地焼きにこだわり、パリッとした鰻を御提供します。

 

メニュー表(2021.11.14)

メニューは鰻オンリー!こういう潔いメニュー表は迷わなくて済むので助かります。肝焼きやしぐれなどもあります。

その時、良いと思った日本うなぎを、その日使う分だけ仕入れて焼かれているとのこと。当日分の鰻が無くなったら閉店になるのかな。

LINE登録で、サービスがありました。

 

かぶと甘露煮(400円+税)

うな肝焼き、肝しぐれ、甘露煮、骨せんべい・・・と鰻づくしのサイドメニューから、かぶと甘露煮をとりあえずオーダー。すぐに出されましたので、うなぎ丼を待つ間の一品におすすめです。

ご覧の通り、うなぎの頭です。

よーくみるとグロテスクかもしれませんが、骨まで丸ごとパクっと食べられますよ。ショウガと一緒に食べると爽やかん♪

 

論より証拠。うなぎ丼&ひつまぶしが到着

安い、ボリュームがある、美味しいなどいくら記載しようが論より証拠。

久しぶりの鰻ということもあり、うなぎ丼・いちはん(3200円+税)とひつまぶし松・いちはん(3300円+税)肝吸い(200円+税)吸い物(100円+税)をオーダー。

いちはん=鰻一枚と半分ということだと思いますが、確かにすごいボリュームでした。開店と同時に近いタイミングだったこともありスムーズに提供されましたが、混雑しだすとちょっと待つ形になるかも?

ひつまぶしは、スタンダードなセット。赤いとっくりに茶だし汁が入っている。

上から見下ろすとそのボリュームさがよく分かります。

お米は粒が立っていて柔らかすぎず、固すぎず丁度いい。

まずはそのまま頂きます。

薬味を乗せて・・・

お茶漬けにして〆る。。。

 

 

うな丼・いちはん(3200円+税)

続いてうな丼・いちはんが到着!

表面はパリっとしながらもふっくらとした鰻でした。

安いからといって、牛丼チェーンのような鰻ではなく、しっかりと鰻です。

うなぎのボリュームがありすぎて、お米がちょっと足りなくなりそうなほどです。お店の方にもお伝えしましたが、ご飯ましまし+200円(税別)にしたら丁度いいバランスかもしれません。

タレはテーブルにセッティングされていますので、追加はお気に召すままに。

きも吸いはLINE登録のサービスで一品いただきました。

 

うなぎ丼・はんぶん(1200円+税)

※サービスで肝焼きをトッピングしてくださってます。

久しぶりの鰻だったこともあり、いちはんをオーダーした後に、うなぎ丼はんぶんを追加オーダー。

お店のエントリーメニューとなるだろう、リーズナブルな価格のうなぎ丼はんぶん。

うなぎは4切れでしたが、ボリューム感的にしっかりと「鰻食べたな~」感は味わえます。

うな肝もコリっとしてて美味しかったです。

 

総評、老若男女が気軽に食べに来れる大衆うなぎ店

ある意味で、多治見市に多くの鰻店がある中、ちょっとした変革が起こったと思います。

土岐市の鰻店は全店食べに行きましたし、多治見市の鰻店も少しだけ回りましたが、その歴史を積み重ねてきた老舗鰻店と比べるのではなく、家族揃ってのディナーや平日のランチ、ちょっとした時に「あ、鰻食べたいな」って思った時に気軽に行ける鰻店。

爽やかでふっくらもっちりとした鰻はサクッと食べれていい意味で癖がなく、鰻が苦手な人、小さなお子様にも広い層に美味しくいただける鰻屋だと思いました。

 

老舗と比べる店ではない。

老舗の鰻店には老舗のこだわりがあり美味しいですし、こうしたカジュアルな鰻店には気軽に行けて肩肘張らずに楽しめる良さもある。

そうやって自分好みの鰻店を選ぶことのできるのも、数ある多治見うなぎ店の良さだと思います。

まだまだオープンしたてなので、”遠慮しがちな若さ” を感じることもありますが、またこのお店が10年、20年と積み重ねることで生まれる歴史の幕開けに立ち会えると言うことも一つの楽しみです。

 

大衆うなぎ 炭焼 源

所在:〒507-0054 岐阜県多治見市宝町5−97 レオパレス宝 Part 2 102号
地図:https://goo.gl/maps/Npupo8VjqjRS5BSY6

電話:0572-74-4649
営業:11時00分~14時00分、16時30分~20時30分
定休:毎週火曜日(祝日営業)
HP:https://binbo.jp/

備考:共用駐車場多数、カード決済対応、テイクアウト対応

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top