skip to Main Content

【走ってきた】令和4年(2022年)4月18日より土岐多治見北部連絡道路が開通!土岐市駅前から河合多治見線経由で走ってきた。高田テクノパークの標識も付いてました。

4/19 早速走って参りました。

360度カメラ+車載カメラを用いて走って参りました。

撮影はカーマウント、テザーケーブルを用いて安全に行っております。

多くの方が、この道路に注目をされていらっしゃるご様子。ご参考までに閲覧頂ければと思います。

 

Goproによる定点撮影

 

360度カメラによるVR撮影

今まで走ってきた酷いグネグネ道(ページ終盤に動画アリ)が嘘のように、一瞬で土岐市~多治見市小名田町へ抜けられます。

 

土岐市からは環境センターの前を通って向かいます。

土岐市方面からですと、環境センターから導入になります。

将来的には、もう一方向から土岐多治見北部連絡道路に入れそうな感じですね。

写真下。右手側がこれまでのグネグネ道につながる道でしたが、左手の新しい道「土岐多治見北部連絡道路」の開通によって、嘘のように一瞬で多治見市小名田町や共栄町へ向かうことができます。

高田テクノパークの標識も立っていました。

まだまだ開発段階の高田テクノパーク。これは今でしか見られない光景です。

かつてのアクアシルヴァ開発地もこのように広大なサファリパークのようでした。

見通しもよく綺麗な道路。登坂車線もありました。

多治見市小名田町から土岐市環境センターへ向かう方向。

分岐点にて右折をすれば東山や共栄町方面。直進すると土岐市環境センター、さらには五斗蒔スマートインターへ向かうことができます。

まだまだ開発が進むこのエリア。

イオンモール土岐開業に伴う、国道渋滞緩和のルートとしてはやや遠回りではありますが、今後の開発に目が離せないですね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

有限会社 広晃社(@toki_kokosha)がシェアした投稿

以下、過去記事。

 

令和4年(2022年)4月~ 土岐多治見北部連絡道路・開通予定

久しぶりに通ってみると道路が綺麗に整備されていました。

土岐・多治見北部連絡道路だそうです。いわゆる、土岐市環境センター・ごみ焼却場から、多治見市小名田町へ抜ける道。

 

多治見・高田テクノパーク2028年開業予定

この先に、多治見高田テクノパークが出来ます。2027年まではリニア中央新幹線建設工事の資材置き場として利用され、2028年には工業団地として開業とのこと。(現在のリニア状況を鑑みると遅れるかも?)

ここが開業しますと車の流れが大きく変わると思われます。

以下で紹介するグネグネ道を使うことも無くなりそう・・・

 

多治見市による情報
https://www.city.tajimi.lg.jp/gyose/shisaku/yuchi/jigyoyochi/takata.html

 

おりべネットワーク様サイトより転載

https://oribe-net.co.jp/channel/information/2021/2/

 

 

 

2022.3.16 撮影。まだ開通までにはかかりそうですね。

 

2021.11.13 入り口前にて撮影

ここから土岐市環境センターへ向かう道も車線を増やす工事が計画されていたり、コンクリートも綺麗に整備されていっていますので、五斗蒔スマートインターからのアクセスが良くなりますね。

アクアシルヴァ、高田テクノパーク・・・工業団地向けに五斗蒔スマートインターが大活躍しますね。

 

以下、数年前の情報です。

 

普通車でも走れますが、とにかくグネグネで狭い道です。

環境センター出口から左折すると、土岐川沿いの県道385号線にでますが、右折するとゴミ処理場の側道を走るように進むことが可能です。途中左右に分岐する道を左に曲がると、山を下っていく道になります。(右へ曲がると五斗蒔スマートインターを越えた道路に出ます)

四輪駆動の車でなくても、普通車で十分走れますが、道幅も狭く対向車が来たらすれ違いが大変な箇所もあります。ゆっくりと安全に通行ください。あと不法投棄はダメですよ。

グネグネとした山道を下っていくと、小名田町の団地に出ます。

 

 

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top