skip to Main Content

【新店】瑞浪市和合町の満月さん跡地に「蕎麦蔵侍 ろくせん」さんがオープン!看板メニューの肉蕎麦は極太麺で甘辛い露に浸して食べるつけ蕎麦でなかなか面白美味しい味でした。

まん丸お月様のカツ丼で人気の満月さんはすでに閉店

久しぶりに満月さんへ行こっと♪なんて思ってた矢先、いつの間にか閉店されてしまった瑞浪市和合町の満月さん。あのまん丸お月様の形をしたカツ丼、もう一回食べたかったなぁ。。。

懐かしの満月カツ丼

 

跡地に「蕎麦蔵侍 ろくせん」さんオープン!

と思いながらも跡地の前を通ると、新しいお店がオープンしてるじゃないですか!?

 

なんと極太の田舎蕎麦の店!

道路から見える大きな看板に書かれた「極太 田舎そば 蕎麦蔵侍ろくせん」の文字がかっこいい。7月15日より「蕎麦蔵侍 ろくせん」さんがオープンされています!

建物は以前の店舗と変わらず、居抜きにて営業されています。

ラー油 肉そば「ろくせん」?

田舎蕎麦?肉そば?っとちょっと疑問が生まれましたが、とにかく入店!

入り口を進むとレジがあり、右手にお座敷席。左手にカウンター席とテーブル席が広がります。

コロナ対策もばっちりです。

以前よりも広々しているように思えるのは内装のせいでしょうか。

 

オープニングメニューは3種類

オープンして間もない「ろくせん」さん。しばらくの間はメニューを限定して提供されているとのことで現在は、①肉蕎麦 ②冷やしたぬき蕎麦 ③ざる蕎麦 の三種類。

飲み物はセルフサービス。こうも暑いとお茶をどんどん飲んでしまいます。

 

肉そば、おすすめの食べ方

①まずはそのまま

②テーブルに置かれた調味料やオプションの玉子を入れて味変

③〆は蕎麦湯で

④オプションのライスを投入して雑炊風

と色々と楽しめます。

サイズは小~特盛まであります。

味変も楽しみながら食べるなら、中以上がおススメ。ちょっと食べればいい方や、2種類以上オーダーしたい方は小で良いと思います。

 

思いの他、速く到着!

初来店は、看板メニューの肉蕎麦(中盛)で。極太の田舎蕎麦なので茹でるのに時間がかかると記載がありましたが、思いのほか速く到着。

すごく弾力があり、極太中の極太です。比較すると土岐市下石町にある蕎麦屋 「秋新」さんの田舎蕎麦よりも太いです。

お肉は瑞浪産ブランド豚ボーノポークを使用。

この極太麺を、甘辛い露に浸して食べるつけ蕎麦スタイル。中にはネギ、海苔が入っていて、ラー油がアクセントになっている様です。

「中盛、結構あるな・・・小盛にしとけばよかった」とカウンター隣のお客さんの声が聞こえましたが、初見でこそ多めに見えるのですが食べ進めると案外、丁度良い量です。

半分くらい食べ進んだ時点で、有料オプションの半ライスと生卵をオーダー。

玉子分離器を使って、白身と黄身に分離させます。

そして黄身を麺にポトンっと落とすと・・・

おぉ!満月やーー!

っと前店の面影が・・・

それはさておき、黄身をかき混ぜて

御汁に浸けて食べるとよりマイルドで甘みが増して美味しいですね。

テーブル席に置かれた天かすをトッピングしても食感が変わり楽しいですね。

〆は、半ライスで雑炊スタイルに!

っとここで、蕎麦湯をブレンドしてお好みの濃さにすることもお忘れなく。(筆者はもれなく蕎麦湯の存在を忘れていた)

オプションの生卵を入れて味変したり、〆にご飯を入れ+蕎麦湯で割って雑炊にしたりとなかなか面白美味しい味でした。

 

冷やしたぬき蕎麦(中)

別日にて冷やしたぬき蕎麦をオーダー。オプションにとろろと生卵を追加してます。

同じく極太の田舎蕎麦。蕎麦はしっかりと冷やされていて、口当たりがひんやり気持ちい。

田舎蕎麦の歯ごたえがあります!

とろろと玉子を追加して味変を楽しみます。

 

色々な意味で変化が期待できるニューカマー蕎麦屋

お会計を終え店長さんらしき方と少しお話をさせて頂きましたが、現段階では試験営業の部分が多く、これからどんどんとメニューを増やしたり、季節によっても変えて行きたいとのこと。

夏はとにかく冷たい蕎麦や、うどんが食べたいですし、冬は暖かい味噌煮込みも食べたいですね。もしかしたら満月さんのようなカツ丼も将来的にリリースされちゃったり??

食べ方や味の変化だけでなく、店舗としてもどんどん変化の期待できるお店。まず肉蕎麦からお試しされてはいかがでしょうか。

 

 

蕎麦蔵侍 ろくせん

所在:〒509-6113 岐阜県瑞浪市和合町1−94
電話:0572-51-7588
営業:11時30分~14時30分 17時30分~21時00分
定休:水曜日
備考:店舗前に駐車場多数、現金のみ

各種SNSでも情報発信しています。

友人申請歓迎!
フォローして地元の情報をキャッチしよう。

ところで、やまだ君とはいったい?

『やまだ君ってどんなお仕事をしているの?』情報発信を続けるなか、そんなお声をいただくことも少なくありません。別段それといって変わった者でもございませんが、自己紹介も兼ねて記載してみました。

Powered by

Back To Top