skip to Main Content

土岐市下石町にある和カフェ『鶴亀して万年』さんでお弁当をテイクアウト♪ 野菜や根菜類が豊富で健康的だし色彩豊か!もう、おばんざいカフェと言っても良いくらいお惣菜弁当が美味しい。

食生活を整えるなら、やっぱ惣菜!

コロナに悩まされ1年が過ぎ、旅行に行ってない、イベントも中止。そこに、飲食店の時短営業。「夜8時で終了ってどんだけー」っと叫びたくなりながらもコンビニ弁当でやり過ごした日々はけっこうある。

さすがに、こんな日が続くと  ” 食べること ” に生きがいを見出すのも難しくなるんですが、高カロリーな外食もたまにはいいけど、食生活を整えるならやっぱ惣菜。

 

 

 

ってことで、お惣菜弁当のテイクアウトがありますよ。

場所は、当ブログでもお馴染みの土岐市下石町にある和カフェ「鶴亀して万年」さん。

 

メニューが変わったよ

3年前の開店当初こそ、ドリンクメニューが中心だった和カフェも、次第にうどんやお餅セット、和スイーツなどなど、日に日にメニューが増えて行き、今となってはお惣菜弁当が美味しいカフェになっています。(ちなみに、オープン当初はうどんが隠しメニューでした)

メニュー表(2021.2.25時点)

 

テイクアウトもあります

 

中でも、味ご飯+おかず弁当がキラーメニュー!

特に、味ご飯+おかず弁当(850円)はイートインだけでなく、事前予約でテイクアウトも可能。味ご飯(炊き込みご飯)とお惣菜セットがセットになっていてボリューム的にもいい感じ♪

おかず弁当(お惣菜弁当)は、野菜も豊富で、筑前煮やカボチャのキッシュ、キャロットラぺ、人参シリシリ、トマト、グラタン、etc…. なんだなんだ、一枚の器にどんだけ盛ってあるんだと言わんばかりバラエティ豊富な料理の品々。

ご飯の量もお茶碗一杯分しっかりあって、野菜や根菜類が豊富で健康的だし色彩豊か。盛り付けもセンスがあって写真映えもいい感じ。

 

自宅で手軽におばんざい!

ちなみに、このお惣菜弁当をテイクアウトして、自宅でそれぞれを小皿プレートに盛って出したら、ちょっとしたおばんざいコースの気分が楽しめます。

専業主婦であろうと毎日これだけの品数を作るのは大変だろうし、ましてや子育て世代や共働き世代ならなおのこと有難いヘルシーメニュー。

もう、いっそのこと鶴亀さん、おばんざいカフェでも良くないだろうか?

 

テイクアウトは事前予約が必要です

テイクアウトメニューの予約は前日までに。当日予約も状況によっては対応可能な可能性もあるとのこと。「食べてみたい!」と思ったら吉日、とりあえずお電話やInstagramまでDMなりしてみたらいかがでしょうか。

店舗電話: 0572-57-6252 (9時~17時)
店舗Instagram:https://www.instagram.com/tsurukameshitemannen/

 

鶴亀して万年のランチテイクアウト
鶴亀して万年のランチテイクアウト

 

時には夕飯テイクアウトにもなる。こうした突発的な呼びかけもあるので、フォローしとくと便利かも。

 

 

駐車場は狭い!が、慌てることなかれ

店舗敷地の専用駐車場はけっこう狭いです。しかも田舎なのでお一人様1台の車で来店されているケースも多々。。。席は空いてるのに、駐車場が満車ってことも割とあるので、スルーせずに店員さんまでご相談されると調整してくださいますよ。べつに乗り合わせで行けってこともありません。

 

午後3時以降ですと、割と空いてる感じ

今や鶴亀して万年さんも人気店。日にも寄るんですがランチタイムが混み合ってる様子。午後2時~3時以降だとそのランチ客が退店されていますので、割と空いている感じでした。まったりここでの時間を過ごしたい方はアフタヌーンティータイムに。

 

以下、過去記事。

 

リンちゃぁぁ~~~んっ!!!!

ゆるキャン 大好き、やまだです。

ぼくの失われたユートピア、土岐市下石町にある和カフェ『鶴亀して万年』さんに約1年ぶりに来店して参りました。

この1年間の空白は、決して女性店主”志摩リン”ならぬ”サトリン”さんに嫌われた訳ではない…。(嫌われてもおかしくないが)

一年前に食べたのが、アイスだった。

かく言うボクだって、小一時間のスキマ時間があろうものなら!次の予定地のルートを曲げようとも!今すぐにでも!立ち寄りたいと!切望して止まなかった!(声高に)

健康的でバランスの良い食事が採れる

それほどばかり願っていた。そう願っていた・・・にも関わらず、モーニング時やランチ時になるとお店の駐車場が結構埋まってるんだ!(笑)

そもそも駐車場がそこまで広くないのもあるケド

 

コーヒーが飲みたいわけぢゃない。

確かにモーニングも魅力的だが、しかし‼

もうお分かりの通り、ぼくは一杯のコーヒーが飲みたいわけではない!そう、お店の店主”サトリン”に会いたいのだ!

 

My favorite Place.

県道392号線から一本入った細い道路を抜け、3階建ての和モダンなお店の暖簾をくぐり、センスの良い装飾が施された廊下を抜け、一枚板で作られた天然木のカウンターテーブルに座り、その向こうでせっせと働く”サトリン”との会話が楽しみなのだ!

店舗サイトより転載

 


【満車だろうが満席だろうが関係ない】

今日に限っては、そんな衝動が抑えきれずに来てしまった。閉店残り1時間の夕方に。

一級建築士のデザイン事務所と兼ねたカフェの為、みるところみるところがセンス良すぎ

 

店内は常連客1人だけで、思いのほか空いて居た。

長いテイクアウト営業を終え、どうやら昨日から通常営業が始まったばかりだそうだ。


”ボクはツイている”

久しぶりに来たお店は特に目立って大きな変化は無かったが、何かが違う、そんな違和感を感じた…

 

” あ!?
リンちゃん…髪型変えたんだ…”

 

今まで、いつ来ても巻いていた、サトリンのトレードマークとも言えるヘアバンドが無くなってる!!!

オープンから昨年夏まではヘアバンドしてた


やまだ
『あれ?いつもしてた、ヘアバンドしてないね。』

サトリン
『あぁ、アレ? なんだか最近ブームが過ぎちゃったみたい・・・』

やまだ
『そっか…。なんか、お母さんに似てきたね…』

って、なんだこの会話(笑)

でも、そんな微妙な言葉のキャッチボールを通じて、久しぶりに会ったサトリンからは、外見だけでない何か大きな変化?成長?を感じた。

 

あ、今日はあんこクリームとあんこラテを頼みました。

 

 

彼女との出会いは、そう長くはない。

話は遡るが、それこそ、ぼくとサトリンの出会いなんてここ2年くらいなもの。このお店のオープンの時からである。

オープン時のサトリン

 

ここを秘密基地にしようと企んでいた

オープン当初は、本当にお客さんが少なかったから、長々と3時間くらい居座ってたし、独り用コタツを持ち込んで『ここで仕事していい?Wi-fi貸してww』なんて半分冗談も言ってたりした(あとバーベキューグリル持ち込んだり)

「料理が苦手なこと」

「一風変わった漫画が好きなこと」

「以前は介護関係の仕事をしてたこと」

「少しずつ常連が増えてきたこと」

などなど色々な話を聞かせてもらった。

 

しかし、そんなサトリンのお店にもコロナの影響で大打撃を食らったとのこと。

本来なら給付金でやり過ごすつもりだったけど、やっぱりお店の事を大切に思ってくださる常連さん、応援してくれる家族やお友達、何より 自分自身がなにかしなくちゃいけないって感じたとのこと。

 

何かを変えなくちゃ、変わらなくちゃいけない。

苦手な料理も一生懸命がんばった。

店舗Facebookより転載

 

そして、テイクアウト営業に取り組んだ。

店舗Facebookより転載

料理が苦手だった人間が、突然テイクアウトを始め、本当に大丈夫なのか、とても心配だったとのこと。でも現実は思わぬ展開で、今まで来店されなかった新しいお客さん(特に若い年代)が多かったとのこと。

店舗Facebookより転載

 

”(テイクアウト)やってよかった…”

きっと子育て世代の方や、仕事で働きに出ていた方がこのきっかけにテイクアウトを予約してくださったんだと、感謝の言葉から気持ちがこぼれていた。”やってよかった、嬉しかった”と。


「美味しかったよ」

「ヘルシーでお惣菜がいっぱいで良かった」

「リーズナブルでお得やね」

直接ないし、Instagram経由でそんな言葉をかけてくださったのが励みに繋がったそうです。(テイクアウトはすでに終了)

 

 

人の変化ほど面白いものはない。

冒頭でもお話しましたが、一年ぶりの再来店。
何か大きな変化?成長?は、きっとサトリンの、この一年で得た、人間として母として、いち喫茶店の店長として成長した証なんだ・・・そう感じました。

去年の写真

現在、通常営業行われてます。
平日は特に、昼3時過ぎるとお客さんもまばらになるとか。


店舗インスタ( @tsurukameshitemannen )をマメに更新されてますので、来店前チェックがオススメです。
https://www.instagram.com/tsurukameshitemannen/

これは古いメニューですが参考までに
これは古いメニューですが参考までに

 

大事なことなので黒い余白もカットせずに掲載しときます(意味不明)

 

っとゆーわけで、
愛はないけど、i(nfo)はある、やまだブログにて鶴亀カフェの過去記事を掲載中。

▼やまだブログにも掲載
https://tokioxyamada.jp/archives/4147

 

店名:茶処 鶴亀して万年
場所:岐阜県土岐市下石町1157-4 ナビデザイン事務所1階
営業:9時~17時(16時ラストオーダー)
定休:日曜定休・月の最終月曜
電話:0572-57-6252
情報:https://www.instagram.com/tsurukameshitemannen/

 

Back To Top